旅 瀬戸内(たびせと)

夢二の里
       
   夢二生家   少年山荘     夢二遊歩道  
  夢二の里
夢二郷土美術館(分館)夢二生家・少年山荘
(展示種類)日本美術
(主な展示品)竹久夢二の肉筆作品や資料を展示
(特色)夢二芸術の原点とも言える穏やかな自然、美しい山河にかこまれたこの家で夢二は生まれ、16歳まで過ごした。茅葺きの家は生前そのままに保存
され素描・版画等が展示されている。少年山荘は、夢二の写真パネルなどを展示。
(料金)(個人)大人500円 学生250円 小人200円 (団体)20人以上2割引
(開館時間)9:00〜17:00、16:30まで受付
(休日)毎週月曜日(祝日の時は翌日)
(交通)JR赤穂線邑久駅/虫明 または牛窓行きバス6分 岡山ブルーライン邑久IC/車5分
(駐車場)普通車30台 バス3台
瀬戸内市邑久町本庄 TEL夢二生家0869-22-0622 少年山荘0869-22-3335

                                                                                         
岡山県観光便覧
                                                                             
夢二ふるさと遊歩道
 
     
   
       静円寺方面ー夢二ふるさと遊歩道よりー      
             
   牛神社   明徳小学校跡     古武弥四郎歌碑[展望台)  
   
       静円寺      
  高野山 真言宗 横尾山 静円寺(じょうえんじ) 
奈良時代に僧・行基によって創建され、のち報恩大師により備前四十八ヶ寺の一つに加えられたが、まもなく焼失、江戸時代になって現在地へ再建され、盛時には33坊があったと伝えられる。現在は安楽院・光明院・地蔵院の三院となっている。
JR赤穂線邑久駅から車10分または北回り牛窓行きバス10分横尾入口下車徒歩10分
岡山ブルーライン邑久ICより車5分 駐車場 普通車50台
(岡山県観光便覧平成20年3月より)

岡山県指定重要文化財 静円寺(じょうえんじ)本堂 昭和31年4月1日指定
横尾山静円寺は、邑久郡邑久町本庄字横尾にある真言宗古義派の寺院です。
本堂の棟札に「天正七年(1579)11月3日上棟」とあり、桃山時代に再建、もとは西側山上にあり、江戸時代中期に現位置に移転されたものです。
建物は、桁行五間(11.86m)、梁間五間(11.77m)、単層、入母屋造、本瓦葺、妻飾は二重虹梁大瓶束式(にじゅうこうりょうたいへいづかしき)に、蟇股(かえるまた)
を付した豪華で優美なものです。破風下には三つ花懸魚(げぎょ)が吊られています。柱は欅の総円柱。
背面を除いて三面に勾欄(こうらん)のない縁をまわし、正面に一間の向拝が付けられています。
内部は、前二間通りが外陣で吹き放しとなっています。
内陣との間を虹梁でつないでいるが、この虹梁でつないでいるが、この虹梁には古い様式のある錫杖(しゃくじょう)彫が刻まれています。
内陣正面には禅宗様の須弥壇(しゅみだん)を設け、入母屋造、宮殿形の厨子が安置されています。
  平成9年3月 邑久町(現瀬戸内市)教育委員会 邑久町文化財保護委員会(現地案内板より)

竹久夢二ゆかりの寺としても知られている。
住所:岡山県瀬戸内市邑久町本庄3625 TEL安楽院0869-22-0529 光明院0869-22-0341 地蔵院0869-22-0353
問い合わせ先:瀬戸内市観光協会邑久支部 TEL0869-22-1982
    
 
             
   夢二ふるさと遊歩道    安楽院    地蔵院  
   
       光明院      
           さらに詳しくは⇒夢二生家静円寺