旅 瀬戸内(たびせと)

夕日地蔵
     
  夕日地蔵
室町時代後期 永正6(1509)年頃の石仏
会津八一が「なんきんうたまくら」の中でこのお地蔵さんのことを歌っている。
  ならざかの いしのほとけの おとがひに こさめながるる はるはきにけり
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 藤原氏の氏寺・氏神そして東大寺炎上の奈良へ 奈良坂へ