旅 瀬戸内(たびせと)

吉水草庵 安養寺 GoogleMap
       
     
     
   本堂    山門  
  安養寺
旧くより、山号、慈円山の慈を外し、円山として親しまれ公園の名称ともなった。時宗に属する。
延暦年間(782〜806)最澄(伝教大師)が開創したと伝え、法然。親鸞両上人念仏発祥の地・吉水(よしみず)草庵として有名である。
のち、建久年間(1190〜1199)に至って慈鎮(じちん)ー慈円・関白九条兼実の弟)が中興し、安養寺と称した。
その後、次第に衰退したが、至徳年間(1384〜1387)には国阿(こくあ)上人によって再興され、以後、時宗に改まった。
境内には、もと六阿弥坊があって、いずれも林泉の美と眺望に富む楼閣を構え、遊客に席を供して風流行楽の域となった。
しかし、明治維新の際に六坊は廃寺され、また火災にあうなど次第に衰微し、今は門内境内に阿弥陀堂・書院を、飛地の境内(ここから約50メートル南へ下る)には弁天堂、慈鎮和尚多宝塔を残すだけである。
弁天堂は、慈鎮が叡山から勧請(かんじょう)したものといい、技芸上達の祈願の信仰が厚い。
弁天堂の東北隅にある慈鎮和尚多宝塔は、塔身正面に扉を開き、多宝、釈迦二仏が並座する鎌倉時代初期の逸品(重要文化財)である。
                 京都市
(現地案内板より)
現在の円山公園一帯は、平安時代末期、平家や法然の時代には、「真葛ヶ原」と呼ばれ、葛やススキ、萩などが生えた原野でその一隅に吉水の草庵があった。
妻の話によると、「真葛ヶ原」といえば、端唄の「京の四季」にも出てくるとか。「・・・・真葛ヶ原にそよそよと、秋は色増す華頂山 時雨をいとう唐傘に 濡れて紅葉の長楽寺 思いぞ積もる円山に 今朝も来て見る雪見酒・・・・・」 時代は、平家物語からはずっと下って江戸時代であろうが・・・・。
 
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 法然上人遺跡と祇園精舎へ