旅 瀬戸内(たびせと)

源頼家家臣 十三士の墓 GoogleMap
     
         
  源頼家家臣 十三士の墓
北条氏との確執で、病気を理由に修善寺に配流(はいる)された頼家は、元久(げんきゅう)元年(1204)7月18日、入浴中に暗殺された。
吾妻鏡(あづまかがみ)−鎌倉時代史書ーによると、この6日後、頼家の家臣らは謀反(むほん)を企てたが、挙兵以前に発覚して、相州金窪太郎行親(そうしゅうかなくぼたろうゆきちか)らに殺されたことが記されている。
この墓はその頼家の家臣13名の墓と伝えられている。
頼家と運命を共にしたこれら家臣の名前は判っていないが、全国的にある十三塚の一例との説もある。
この墓は元々ここより東へ200m程の麓にあったが、台風被害により平成17年(2005)7月17日にこの地に移築された。
(現地案内版)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ