旅 瀬戸内(たびせと)

弥高山パノラマ
   
   高梁・備前・岡山方面ー弥高山よりー  
  岡山の地形ー弥高山からの眺めー
岡山県は、北は中国山脈、南は四国山脈にはさまれ、西は九州の山々にまた、南東部は紀伊半島の山々にさえぎられている。
従って、地中海性の穏やかな気候で風水害も比較的少ない。台風やその影響による風雨も、これら周囲の山々で弱められることが多い。
特に県の南部は、雨や雪も少なく晴れの日が多い、比較的乾燥した気候。県の南部で雪が降るのは一年に一回あるかないかの程度。
そうかといって、水不足になるかというと、高梁川、旭川、吉井川の三大河川に恵まれ殆んど水不足になることもない。
また、県内には大きな活断層がないため、地震被害も少ない。旅行するにも、住むにも、企業を誘致するにも最適の地域。
県も検討を始めている様子ですが、活断層から比較的遠く地盤も固いと考えられる、県中南部の高原地帯などは、コンピュータのデータセンターなどの誘致には最適なのでは?
加えて、原子力問題や化石燃料による温暖化問題もここまでくると、いよいよ太陽エネルギーを始めとする自然エネルギー利用の重要性が高まって来る。
「晴れの国岡山」こそ、太陽エネルギーを利用するには最適の土地。
企業誘致や家庭での発電にも最適。さんさんとふりそそぐ太陽の下、クリーンなエネルギーで快適な生活を。

このような岡山の地形を理解するには、高梁市川上町にある弥高山へ登りその山頂から周囲を見渡すのが一番。
岡山が、北から南に向かってなだらかに傾斜した台地状の土地が川の浸食作用によって削られて出来たものであることが良くわかる。
弥高山から周囲を見渡しても、極端に高い山はほとんどなく台地状の地形をそこここに見ることができる。
朝よく晴れていたので、今日は遠方まで見通しが効くと思って出かけたのだが、途中成羽美術館などに寄り道をして弥高山へ着いたのは11時頃、残念ながら雲が出てきて、遠方も少し霞んでいた。
もっと見通しの良い時に来て、各山や谷、集落などを地図上で確認できれば面白いのだが!
 
 
        さらに詳しくは岡山の地形 弥高山    
   
                    遥照山 竹林寺山   
  浅口・里庄・笠岡・井原・福山方面ー弥高山よりー   
             
   
                                     高山市   
  高山市・三次方面ー弥高山よりー   
             
   
                       平川日野山                             大山隠岐国立公園大山  
   東城・新見・大佐・勝山方面ー弥高山よりー  
             

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ