旅 瀬戸内(たびせと)

讃岐東照宮 屋島神社 GoogleMap
       
    屋島神社 神門   
       
  屋島神社と屋島南嶺    高松市街(屋島神社より)   
讃岐東照宮 屋島神社
由緒
当神社は慶安4年(1651年)初代高松藩主松平頼重公が、香川郡宮脇村の本門寿院境内に東照大神(徳川家康公)の神廟を建立し、崇敬したのにはじまる。
以来、山王社として歴代藩主により奉斎されてきたが、文化元年(1804年)当時の高松藩主第8代松平頼儀公は、この風光明媚な屋島山麓において社殿の造営に着手する。左甚五郎の6世、5代目の左利平忠能が、松平家の客分棟梁となり、文化12年(1815年)に完成した。その後、明治4年には冠嶽神社と改め、さらに明治7年屋島神社と改称、同年県社に列せられる。明治15年に藩祖松平頼重公を合祀する。昭和48年2月不慮の火災にあい、本殿、拝殿等を全焼したが、辛うじて神門(正面上部には鳳凰、両側の柱には上り龍、下り龍の彫刻は無事であった。社殿は翌年11月に再建され現在に至っている。
御祭神 東照大神(徳川家康公) 頼重大神(松平頼重公) 例祭日 4月17日
(現地案内板)
           
獅子 鳳凰 神門 彫刻

現地案内板

香川県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ戻る 屋島へ戻る Home