旅 瀬戸内(たびせと)

牛窓神社
 
 
牛窓神社参道 万葉集秀歌
牛窓神社「八幡宮」由緒略記 旧県社
御祭神 鎮座地 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓亀山2147
神功皇后(しんこうこうごう)応神天皇(おうじんてんのう)武内宿祢命(たけのうちのすくねのみこと)比売大神(ひめのおおかみ)他数社の神々
由緒
神階従三位式外社 備前国128社の一つにして当国神明帳には牛窓大明神と有る。
当社は、社伝によれば長和年間1012〜1016)教円大徳によって御神体を豊前「大分県」宇佐八幡宮より勧請(かんじょう)したと有る備前の国有数の古社であり遥かなる昔、
神功皇后牛窓の地にてご活躍の故事来歴ゆえに此の亀山の神奈備(かんなび)に千古の歴史を秘めて御鎮座される御神威の極めて神々の宮居(みやい)である。
主なる文化財
絵馬おかげ参りの図「県重文」 御本殿一棟「市重文」 胴六角御神輿「文政八年作」
祭礼日 毎年十月第四日曜日 
御神輿巡行 山車「だんじりどんでんどん」巡行あり
皆さん 長い石段が続きますが神「森」林浴を兼ねてすがすがしい気持ちでどうぞお参り下さい。
                                                                             社務所
(現地案内板より)

Home 岡山県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 牛窓へ しおまち唐琴通り(牛窓の古い町並み)へ