旅 瀬戸内(たびせと)

瓜生羅漢石仏
          
     瓜生羅漢石仏付近  
     
    瓜生羅漢石仏    瓜生羅漢石仏のある岩窟  
  瓜生羅漢石仏(うりゅうらかんせきぶつ) 相生市矢野町瓜生
この石仏は、作者・製作年代は不明ですが、伝説では、朝鮮の僧恵便(えべん)・恵聡(えそう)一行がここに隠れ住み、後世の人々に仏縁を結ぼうとしてつくったといわれています。
また、この境内は建武年間、赤松氏の居城であった感状山搦手(からめて)の間道にあたり、この石仏は、真言宗の山伏の作で、戦国武士たちの霊をとむらうための供養仏であるともいわれ、約400年余前の室町時代に彫刻されたと推定されます。
岩窟は幅7.7メートル、高さ約5メートル、奥行約4メートルで、その中に釈迦如来像(しゃかにょらいぞう)を中心に、文殊(もんじゅ)・普賢(ふげん)両菩薩及び十六羅漢像が左右に並んでいます。
       相生市教育委員会
(現地案内板)
                                                       感状山城跡・瓜生羅漢石仏への案内図
 
         
瓜生羅漢石仏(釈迦如来像) 瓜生羅漢石仏 瓜生羅漢石仏参道

Home 瀬戸内海沿岸・諸島のキャンプ場へ 兵庫県のキャンプ場へ 羅漢の里キャンプ場へ