旅 瀬戸内(たびせと)

巨鼈山 千手院 雲辺寺 GoogleMap
   
     雲辺寺 護摩堂  
     
  雲辺寺 本堂     雲辺寺 大師堂   
  巨鼈山(きょごうざん) 千手院 雲辺寺(うんぺんじ) 四国八十八ヶ所第66番札所 TEL0883-74-0066 徳島県三好市池田町白地ノロウチ763−2
真言宗御室派
本尊:千手観音菩薩像ー弘法大師刻ー
創建:延暦8年(789)
開基:伝 空海(弘法大師)
四国霊場の内最高所(911mー雲辺寺山の標高は927m−)にあり四国高野とも呼ばれている。
延暦8年(789)に弘法大師空海ー当時は16歳で佐伯真魚ーが善通寺建立の為、雲辺寺山に登り、その深遠さに心を打たれ、霊山と感得し堂宇を建立したのが始まりとされ、貞観年間(859〜877)には清和天皇の勅願所にもなっている。
昭和62年(1987)にロープウエイが開通し観音寺市側の山麓からは約7分で登れるようになった。
所在地は徳島県であるが四国八十八番霊場では讃岐の一番札所として扱われているのでこのホームページ「たびせと」でも香川県側に掲載した。
                                              雲辺寺境内案内図   
 
     
         
  雲辺寺 山門   雲辺寺 鐘楼     雲辺寺 五社大権現  
           
  雲辺寺 持仏堂     雲辺寺 参道    亀山院陵  

Home 香川県の旅へ