旅 瀬戸内(たびせと)

宇治川の合戦
   
宇治川
平等院 橋寺放生院
宇治川の合戦
平家物語では、宇治川の合戦が二度出てくる。
最初の合戦は、以仁王(もちひとおう)と源頼政(みなもとのよりまさ)の乱による橋合戦、もう一つは、源義経軍と木曽義仲軍による合戦で、梶原源太景季(かじわらげんたかげすえ)と佐々木四郎高綱(ささきしろうたかつな)による先陣争いは有名。
平等院の塔頭、最勝院には、源頼政の墓が、浄土院境内には源三位頼政卿顕彰之碑(げんさんみよりまさけんしょうのひ)がある。
また、宇治川に浮かぶ橘島には宇治川先陣の碑、宇治橋を管理する寺、橋寺放生院(はしでらほうしょういん)境内には宇治橋断碑(うじばしだんぴ)がある。 宇治橋周辺案内図
宇治街道と宇治市について
古代から近代にいたる近畿地方の貴重な歴史観光資源を紹介していくため、歴史街道計画では図のようなルートを設定しました。
このルートの中で宇治市は、かな文化に代表される国風文化の成立、貴族社会から武家社会への移行、また、そのころ生まれた雅(みやび)、禅の文化などを表わす平安〜室町時代ゾーンにあたります。
平安時代に建立された平等院鳳凰堂や、この地を舞台に描かれた源氏物語「宇治橋十帖」が当時の王朝文化の華麗さをしのばせる都市です。
(現地案内板)
                                                                          歴史街道
宇治上神社 宇治神社 早蕨之古蹟
源氏物語ミュージアムへの散策路 宇治橋通り商店街 平等院表参道
JR奈良線「宇治駅」 京阪電車宇治線「宇治駅」

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ