旅 瀬戸内(たびせと)

銭洗弁財天 宇賀福神社 GoogleMap
     
     銭洗弁財天 宇賀福神社 参道  
     
    銭洗弁財天 宇賀福神社   銭洗弁財天 宇賀福神社 奥宮・本社   
  銭洗弁財天 宇賀福神社
祭神 本宮 市杵島姫命  奥宮 弁財天
創建 文治元年(1185)
巳の年の文治元年(1185)、巳の月、巳の日、源頼朝に宇賀福神の夢のお告げがありました。
「西北の谷に湧き出す霊水で神仏を供養せよ。天下は泰平になるであろう」
お告げの通りにこの地に湧き水があったので、さっそく宇賀福神を祀り、その水で神仏の供養を行ったことが、創建の由来だといわれています。
この湧き水でお金を洗って使うと、何倍にもなって返ってくると信じられています。
鎌倉五名水の一つです。
(現地案内版
 
             
   銭洗弁財天 宇賀福神社 奥宮    銭洗    銭洗弁財天 宇賀福神社 奥宮  
  鎌倉銭洗弁財天宇賀福神社御由緒
鎌倉駅の西方、佐助ヶ谷の奥にある銭洗弁財天は、その霊験あらたかなることを以って、広く世に知られています。
鎌倉幕府の始祖、源頼朝公(1147〜1199)は、平家を討伐して治承7年(1183)幕府を樹立しましたが、永い戦乱によって国民の生活は苦しくなっていました。
これを憂いた頼朝公は、人々の苦しみを取り除こうとして、神仏の加護を願って、日夜お祈りを捧げたのです。
そのうち、文治元年(1185)の巳の月の巳の日に不思議なことが起りました。
一人の老人が頼朝公の夢枕に現われて「ここから西北の方向に仙境があり、きれいな泉が岩の間から湧き出しています。そこは清浄な地で福の神が住んでいて、その水を使っています。この水こそは真の神の霊水なのです。この水を絶えず使って、神仏をまつれば、人々は自然に信仰心を起こし悪鬼や邪鬼も退散して、国内はすぐに平穏に治まります。私こそは隠里(かくれさと)の主である宇賀福です」というとその姿を消しました。
目を覚ました頼朝公は、心から宇賀神を敬い、夢のお告げの通りに西北の谷に泉を見つけました。
そこに岩窟を掘らせ、宇賀神をまつり、その水を使って神仏の供養を続けると国中は富み栄えるようになり、これがここの起こりだといわれています。
その後、正嘉元年(1257)巳の年の仲秋に、時の執権北条時頼公は、頼朝公の信心を受け継いで、隠里の福神を信仰しました。
その時、公は「辛巳(かのとみ)」「なる」「かねの日」がすべての人々に福徳が授けられる日だと調べ、この日に人々が参詣することをすすめたということです。
また、この時弁財天を信仰する者が、持っている金銭をこの水で洗い清めると同時に心身を清めて行いを慎しめば、不浄の塵垢が消えて、清浄の福銭になるといい率先して持っている金銭を洗って一家繁昌、子孫長久を祈りました。
以来七百余年銭洗井は鎌倉五名水の一つとしても天下に聞こえ四季の参詣者は絶えることはありません。
(現地案内版)   
 
             
   上之水神    下之水神宮   七福神社   
             
   参道          

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝による幕府創建の地鎌倉