旅 瀬戸内(たびせと)

上寺山余慶寺
   
  中国観音霊場 第二番札所 上寺山 余慶寺略縁起天台宗 千手観音菩薩 報恩大師開山 平安時代 慈覚大師再興 瀬戸内市邑久町
ご本尊 千手観音菩薩(東向き観音)
宗旨   天台宗
上寺山余慶寺は天平勝宝元年(749)報恩大師によって開山され、以来1250年以上の法統承継が続いている。
余慶寺は、往古には日待山日輪寺と称し、備前48ヶ寺のひとつとして栄えた。平安時代には慈覚大師が再興し本覚寺と改めた。
その後、近衛天皇の勅願所となり上寺山余慶寺と改め、国家の安泰と五穀豊穣を祈願した。
武家時代には赤松則宗公の信仰を得て、さらには宇喜多氏、池田藩主の尊宗と保護を得ておおいに栄えた。
山内には観音堂、薬師堂、三重塔、地蔵堂、鐘楼、日吉社、愛宕社、開山堂などの諸堂が伽藍を連ねる。本堂は観音堂で、祀られている千手観音は古くより「東向き観音」と名高く、多くの霊験をあらわしてきた。
かっては七院十三坊といわれた塔頭は、恵亮院、本乗院、吉祥院、定光院、明王院、圓乗院の六院が現存している。
これらの塔頭の多さは中国地方でもあまり他の例を見ない。さらに山内は豊原北島神社とも隣接し、平安時代より発展した神仏習合の姿を遺存している。
(現地案内版) 
 
     
   
                 永安橋      河畔の町西大寺   西大寺観音院  操山公園                                        芥子山   
   河畔の町西大寺ー上寺山よりー  
             
   
             
   
             
   
             
   
          さらに詳しくは⇒上寺山余慶寺