旅 瀬戸内(たびせと)

長楽寺 GoogleMap
       
       
       
  長楽寺三門     長楽寺参道  
  長楽寺(ちょうらくじ)
寺伝によれば、延暦(えんりゃく)24年(805)桓武天皇の勅令によって伝教大師(最澄)を開基として創建されたと伝わる。
当初は天台宗の寺院であったが、室町時代初期に国阿(こくあ)上人が中興してから時宗に改められた。
本尊に准胝観音像(じゅんていかんのんぞう)を祀り、洛陽三十三観音霊場の第七番札所でもある。
一条天皇の時(986〜1011)に巨勢広高(こせのひろたか)という絵師が当寺で地獄変相の壁画を描いたことが今昔物語にみえており、文治(ぶんじ)元年(1185)安徳天皇の生母、建礼門院が僧 印誓(いんせい)について剃髪されたところでもある。
また、法然上人の弟子 隆寛(りゅうかん)がここに住み念仏を広めた。当時はこれを長楽寺流と呼ぶほどに世間に知れ渡っていた。
昔は祇園や清水と並んで花の名所と謳われ、多くの文人や画家が訪れたところである。
寺宝には、一遍(いっぺん)上人を含む七人の上人像(全て重要文真財)、一遍(いっぺん)−宗祖ー、真教(しんきょう)−二祖ー、一鎮(いっちん)−遊行六代ー、尊明(そんめい)−遊行十三代ー、太空(たいくう)−遊行十四代ー、尊恵(そんえ)−遊行十五代ー、暉幽(きゆう)−遊行十七代ーの諸像や建礼門院御遺宝、相阿弥(そうあみ)作と伝わる庭園がある。
また、境内山上の墓地には、江戸時代後期の歴史家頼山陽(らいさんよう)やその弟子頼三樹三郎(らいみきさぶろう)、水戸烈士の墓もある。
      京都市
(現地案内板より)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 法然上人遺跡と祇園精舎へ