旅 瀬戸内(たびせと)

眺海山 円通院 洲崎寺(すざきじ) GoogleMap
本堂 
洲崎寺 庭園 
洲崎寺 牟礼町(現高松市)指定文化財(史跡) 源平屋島合戦古戦場
洲崎寺は眺海山円通院と号し、大同年間(806〜)に弘法大師により創建されました。本尊である「聖観世音菩薩」は大師の作と伝えられています。
源平合戦・長曽我部氏の侵攻により焼かれるなど、繁栄と衰退を繰り返し、元禄12年(1699)に再興され、現在に至っています。
源平合戦時、義経の身代わりとなり討死した佐藤継信 の亡がらを、戦火によって焼け落ちた本堂の扉に乗せて源氏の本陣 瓜生ヶ丘まで運ばれたと伝えられており、継信の菩提寺として、毎年3月19日に慰霊法要が行われています。
平成12年に再興三百年を記念して完成した庭園は、苔と石で「屋島壇ノ浦の戦い」を表現し、境内壁面に「扇の的」「弓流し」等の合戦のあらましを刻んだ説明板があります。
また、江戸時代、四国八十八ヶ所霊場を庶民に広め「四国遍路の父」と称えられている「真念(しんねん)」の墓があります。
       高松市教育委員会
(現地案内板より)                                  むれ源平石あかりロード案内図
       
  鐘楼と屋島   香川の保存木 洲崎寺のイチョウ    四国遍路の父「真念」の墓  

Home 香川県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ 屋島へ 源平屋島合戦古戦場跡へ