旅 瀬戸内(たびせと)

鶴岡八幡宮 GoogleMap
     
     本宮・舞殿  
     
    鶴岡八幡宮 本宮    舞殿・本宮  
  鶴岡八幡宮
御祭神 応神天皇 比売神 神功皇后
当宮は源頼義公が前九年の役平定後、康平6年(1063)報賽のため由比郷鶴岡の地に八幡大神を勧請したのに始まる。
治承4年(1180)源頼朝公は源氏再興の旗を挙げ、父祖由縁の地鎌倉に入ると、まず由比郷の八幡宮を遥拝し「祖宗を崇めんが為」小林郷北山(現在地)に奉遷し、京に於ける内裏に相当する位置に据えて諸整備に努めた。
建久2年(1191)大火により諸堂舎の多くが失われたが、頼朝公は直ちに再建に着手し大臣山の中腹に社殿を造営して上下両宮の現在の結構に整えた。
以来当宮は武家の守護神として北条・足利・後北条・徳川各氏も社領等の寄進、社殿の修造を行い篤く尊崇した。
 摂社    若宮      例祭4月3日
 末社    白旗神社   例祭5月28日
        式内社     例祭4月21日
        丸山稲荷社  例祭4月9日
        祖霊社     例祭春分・秋分の日
        旗上社     例祭4月初巳の日
        由比若宮   例祭4月2日
        今宮      例祭6月7日
   主な年中行事
 歳旦祭       1月1日
 大祓         6月・12月晦日
 古神札焼納祭   半年間の罪穢を祓清め、また古い神札やお守りを焼納する
 ぼんぼり祭     8月立秋前日〜8月9日
             諸名士揮毫によるぼんぼりの掲揚
 例大祭       9月14日〜15日
             旧暦8月15日の放生会にちなむ
 流鏑馬神事    9月16日
             頼朝公により始行された勇壮神事
 御鎮座記念祭   12月16日
             建久2年当宮鎮座日(旧暦11月21日)、御神楽を奉奏する
(現地案内版)
                                                                鶴岡八幡宮案内図
 
     
         
  三の鳥居   太鼓橋・舞殿・本宮     太鼓橋  
         
  旗上弁財天     源平池   神奈川県立近代美術館   
           
  神苑ぼたん庭園     宝物殿    白旗神社  
           
   由比若宮遥拝所   柳原神池    若宮(下宮)   
           
   舞殿   大銀杏    若宮大路   
             
  丸山稲荷社     鶴岡八幡宮の森      
             

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝による幕府創建の地鎌倉