旅 瀬戸内(たびせと)    鳥取城跡 三階櫓跡    
             
                
   
   
  鳥取城跡 三階櫓跡(さんかいやぐらあと)
この櫓台には、一階八間四方、二階六間四方、三階四間四方の櫓が建てられていた。
元禄5年(1692)に山上ノ丸の天守櫓が焼失したのちは、この櫓が鳥取城を象徴するものとなり、明治12年の解体撤去までその威容を誇っていた。
                 平成15年3月
                      文化庁
                      鳥取市教育委員会
(現地案内板)  
 
             

Home 兵庫県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 鳥取城跡へ 太閤ヶ平へ