旅 瀬戸内(たびせと)

徳島城 数寄屋橋
     
  数寄屋橋(すきやばし)
徳島城の鬼門(北東)にあたる門が、旗櫓(はたやぐら)の下にあった数奇屋門です。
別名「不明門(ふみょうもん)」とも呼ばれたように、城内の凶事(きょうじ)の際以外には開かれることのない門でした。
その数奇屋門の東側、堀に架け渡されていた橋が数寄屋橋です。
長さ5間=約9.75m、幅1間=約1.95mの太鼓橋でした。現在は、木製の橋が架けられており、往時をしのばせるものとなっています。
(現地案内板より)
 

徳島城跡(徳島中央公園)へ 徳島県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ Home