旅 瀬戸内(たびせと)

徳島城 城山
       
     徳島駅と城山  
       
  城山     城山登り口  
  徳島城 城山
城山は、吉野川がつくった徳島平野の沖積地に孤立する小さい分離丘陵で、斜面は急で、傾度の平均は35.9度もある。
古来、天然の常緑広葉樹林で覆われており、ほとんど伐採されず保護されてきた。
昭和38年に「城山原生林」として市の文化財に指定した。
現在は、長期的な安定状態の続く極相林としてのホルトノキ群落がみられ、小丘陵としては、豊かな自然度の高い生物相を示している。
昭和59年にはホルトノキが「市民の木」に選ばれた。
位置:東経134度33分、北緯34度4分
地形:海抜61.7m、東西約400m、南北約200m
地質:古生代の三波川帯に属し、主に緑色片岩よりなる。
  徳島市公園緑地課
(現地案内板より)
 

徳島城跡(徳島中央公園)へ 徳島県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ Home