旅 瀬戸内(たびせと)

徳島城 本丸跡
     
  本丸跡
徳島城の山城部分には、本丸・東二の丸・西二の丸・西三の丸が置かれていました。
本丸は標高約61mの城山頂上に置かれた曲輪(くるわ)で、山城部分のなかでは最も面積が広く重要でした。
本丸には、中央に置かれた御座敷と城山の管理人であった御城山定番(じょうばん)の詰めた御留守番所のほか、弓櫓や東西の馬具櫓、武具櫓、火縄櫓が設けられていました。
櫓は戦いの際には防御施設となりますが、普段は武器を収めていました。藩主は城山麓の御殿で暮らし、城山に登ることは稀でしたが、この御座敷にも藩主専用の部屋があり、台所も設けられていました。また本丸東部に置かれた鐘は城下町の火事の際に打ち鳴らされ、町人たちの危急を救いました。
本丸の出入り口は東西の門がつかわれましたが、北口には御座敷の建物で隠された非常時の脱出口(「埋門(うずめもん)」があり、大名の非常時に対する備えがうかがえます。
東二の丸には三層の天守が設けられていました。一般的に、天守は城郭の最上部に建てられましたが、徳島城では本丸から一段下がった同地に置かれていました。天守の一階は7間(約14m)四方と大きかったのですが、天守台はありませんでした。
西の丸には鉄砲櫓と帳櫓(とばりやぐら)、その西方の西三の丸には材木櫓と平櫓が設けられていました。
西三の丸の跡地には、現在水道配水池が設置されています。
(現地案内板より)
 

徳島城跡(徳島中央公園)へ 徳島県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ Home