旅 瀬戸内(たびせと)

下乗橋ーげじょうばし(小見付橋ーこみつけばし)
     
  下乗橋ーげじょうばし(小見付橋ーこみつけばし)
城内の堀に架けられた木製の太鼓橋で、殿様の住む御殿への正面入口にあたります。この橋を渡ると枡形(ますがた)が設けられ石垣や門によって厳重に守られていました。
下乗橋の名前は、橋の前で駕籠(かご)などの乗り物から降りて歩いて渡ったことから由来しています。
明治2年(1869)花崗岩製になり、さらに同41年(1908)現在のように水平の橋に改造されました。
(現地案内板より) 
 

徳島城跡(徳島中央公園)へ 徳島県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅へ Home