旅 瀬戸内(たびせと)

東大寺 指図堂(円光大師霊場第十一番勧進所)
   
指図堂 指図堂前付近からみた大仏殿
  東大寺 指図堂(円光大師霊場第十一番勧進所)
大仏殿の西にある。
平重衡の兵火によって焼失した東大寺を復興するため、俊乗房重源上人を勧進職に推挙した法然上人(円光大師)の御画像を奉祀している。
建久9年(1190)、大仏殿上棟後には、法然上人が、後白河法王の宸命による重源の要請を受け入れて「浄土三部経」を説かれた。
江戸時代、三度目の東大寺再建時には大仏殿の設計図面(指図)が展示された場所でもある。
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 藤原氏の氏寺・氏神そして東大寺炎上の奈良へ 東大寺へ