旅 瀬戸内(たびせと)    龍野城跡 GoogleMap    
  スマートフォンで表示  
   広告  
     
     
    本丸御殿  
     
  龍野城 隅櫓     埋門  
  龍野城跡 TEL0791-63-0907 兵庫県たつの市龍野町上霞町128−1
龍野城は、鶏籠山の山城と後年、山麓につくられた平山城との二期に分かれ、山城は約500年前赤松村秀によって築かれ、山麓の平山城は寛文12年に信州飯田から脇坂安政公が移ったときに築城された。
本丸御殿 
開館時間:8:30〜17:00(入館16:30まで) 
休館日:毎週月曜日 
入館料:無料
交通:JR姫新線本龍野駅より徒歩約15分
神姫バス龍野バス停より徒歩約5分
山陽自動車道龍野ICより車約5分
龍野城と黒田官兵衛
龍野城主が赤松政秀の時、政秀は、播磨平定の為、黒田家を味方に付けるよう様々な調略を試みるが、小寺政職の家老である、官兵衛の父職隆は、頑として受け入れなかった。
そうした時、母の病気を治す為に龍野城下の龍神池まで「おたつ」と共に薬草を採りに行き、赤松に捕らえられ人質にされようとするが、父職隆に救出される。
その後、官兵衛が成長してからの永禄12(1569)年8月9日、政秀は姫路城を攻撃しようとするが、官兵衛の秘策により、青山の地での合戦で敗退する。「智将 黒田官兵衛」といわれるその兆しを見せたのがこの合戦であった。
(NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」・青山古戦場現地案内板などを参考)
  
 
   
  広告      
   
           
  紅葉    龍野へ      
          Home 兵庫県の旅へ 龍野へ