旅 瀬戸内(たびせと)

小野篁卿(おののかたむらきょう)冥土通いの井戸
     
  小野篁卿(おののかたむらきょう)冥土通いの井戸
当寺の本堂裏庭の北東角(格子窓より見て右手奥辺り)にある井戸は、平安の昔に篁が冥府(めいふ)の閻魔庁の役人として現世と冥界の間を行き来するのに使ったといわれている。
いい伝えによれば、篁は亡き母御の霊に会うためにこの鳥辺野(とりべの)にある当寺を訪れ、冥土に通じるといわれるこの井戸を使ったのが最初といわれている。
また、「矢田地蔵縁起にある大和の国(奈良県)金剛山寺(矢田寺)の満慶上人(まんけいしょうにん)が、篁を介しての閻魔大王の招きに応じて、衆生を救うための戒行である菩薩戒(ぼさつかい)を授けに閻魔庁へ赴いたのも当寺の井戸からとされるなど、珍皇寺の井戸と篁さらには冥界と結びつける不思議な伝説は数多くある。
このように当寺にある井戸は、篁が冥土通いのために往来したところとして知られるが、その帰路の出口として使いこの世に戻ったところが、嵯峨の大覚寺南付近の六道町の一郭に明治の頃まであったとされる福生寺(ふくしょうじ)の井戸であるとする説もある。
しかし、、残念ながら今はその遺址もなく、井戸の伝承はかっての福生寺の本尊として伝わる地蔵菩薩とともに清涼寺(せいりょうじ)西隣の薬師寺に引き継がれている。
これは、平安の昔には珍皇寺あたりの洛東の鳥辺野とともに嵯峨の奥、化野(あだしの)もまた当事の墓所であったことより、ここにもやはり六道の辻は存在していたとすれば、閻魔王宮に出仕していた篁が、冥府よりの帰路に出口としていたとする説もうなずけるところである。
尚、当寺の冥土通いの井戸の傍の小祠には、篁の念持仏であった竹林大明神が祀られている。
                           当山住持 謹白
(現地案内板)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 六道珍皇寺へ