旅 瀬戸内(たびせと)

平 滋子(たいらのしげこ)
   平 滋子(たいらのしげこ) 1142年〜1176年 NHK大河ドラマ「平清盛」で平 滋子役は成海璃子Wikipedia
平時信の娘、兄に時忠、姉に時子がいる。後白河法皇に寵愛された妃、高倉天皇(憲仁皇子)の母、建春門院。
平清盛と後白河法皇との仲が良好に保てていたのも滋子の存在があったためとされている。
滋子の死後は高倉天皇が両者の間に入って気を病むが高倉天皇の死後後白河法皇と清盛の間は険悪となっていく。
 
建春門院の女院号となった門
   
京都御所 建春門

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語略年表へ 平清盛の略歴へ 皇室関係略系図へ 桓武平氏略系図へ 清和源氏略系へ 藤原氏(北家)略系図へ