旅 瀬戸内(たびせと)

平 重衡(たいらのしげひら)
  平 重衡(たいらのしげひら) 1157年〜1185年
平清盛の五男、母は平時子 正三位中将
平氏の大将の一人として多くの戦いに参加。南都の寺社との戦いでは、奈良坂で放った火が師走の風に煽られて、興福寺や東大寺大仏殿を炎上させることとなった。
平家都落ち後も水島や室山の戦いで活躍するが一ノ谷の戦いで捕虜(⇒平重衡とらわれの松跡)となり鎌倉に護送、頼朝と対面後は南都焼き討ちの罪で木津川の河原で斬首される。
木津川にある安福寺は、重衡が木津川河原で最後に拝んだ阿弥陀像を本尊とする寺。重衡が埋葬されたと伝えられる境内には、後年、供養塔の十三重石塔が建立されている。
 
平 重衡ゆかりの地
   
奈良坂 平重衡とらわれの松跡 安福寺

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語略年表へ 平清盛の略歴へ 皇室関係略系図へ 桓武平氏略系図へ 清和源氏略系へ 藤原氏(北家)略系図へ