旅 瀬戸内(たびせと)

       
  スマートフォンで表示   太閤ヶ平(たいこうがなる) GoogleMap    
             
     
     太閤ヶ平 土塁・空濠  
     
   太閤ヶ平(たいこうがなる)     太閤ヶ平 土塁と内側  
      
  国指定史跡 太閤ヶ平(たいこうがなる)  昭和32年12月18日指定ー黒田官兵衛ゆかりの地
天正9年(1581)の羽柴秀吉の包囲作戦と吉川経家の籠城とによる対陣は、鳥取城の歴史の中で最大の攻防戦であった。
この戦いは、天下統一をめざして中国地方を征討しようとする織田信長と、これを阻止しようとする中国地方の雄毛利氏との対立の中で展開されたものである。
信長の派遣した武将羽柴秀吉は、姫路から但馬口を経て天正9年7月12日鳥取に到着し鳥取城背後の東北の山頂(太閤ヶ平)のこの位置に本陣を置き、左右両翼と前面の袋川沿いに各陣を布いて、二万余の軍勢により兵糧を絶つ鳥取城包囲作戦を展開した。
太閤ヶ平(本陣山)は、西方前方に鳥取城を望み、左方に芳心寺に至る一帯の山々をひかえ、右方にははるかに円護寺・覚寺・浜坂・賀露に至る一帯を見下し、総本陣としては最も適した場所であった。
これを迎え撃つ鳥取城は、毛利氏の一族で石見国福光城主吉川経安の嫡男経家が城将として守備しており、その兵力は芸州毛利氏よりの加番衆四百と因幡国方衆千余であった。
毛利氏からの援軍・食料の補給が阻止されて、包囲後三ヶ月過ぎるころには、「籠城兵糧つき、牛馬人等喰ひ候」という状況となった。
ついに10月25日、吉川経家は城兵を助けるために開城し、自身は城中広間で切腹した。時に35歳であった。
死の前日、10月24日に本家吉川広家にあてた遺言状に、「日本二つの御弓矢境において忰腹に及び候事、末代の名誉たるべく存じ候」と、経家は記している。
織田信長と毛利氏という「日本二つの御弓矢」の正面対決による鳥取城攻防戦での切腹を、大きな名誉と感じていたのである。
この太閤ヶ原には、当時の鳥取城攻防の歴史を物語るかのように、土塁と空濠を廻らした曲輪の跡が厳然として残されている。
また、この一番は鳥取自然休養林であり、摩尼寺に至る中国自然歩道も整備され、広く市民の憩いの場として親しまれている。
                             平成5年3月
                                  文部科学省
                                  鳥取市教育委員会      中国自然歩道樗谿公園〜摩尼寺線
                                  鳥取営林署
(現地案内板)   太閤ヶ平遺構図 鳥取城攻防戦陣城配置図 太閤ヶ平(秀吉本陣)及び大防衛線
 
         
  久松山    太閤ヶ平 土塁と陣の内側     太閤ヶ平 土塁と陣の内側  
  久松山(きゅうしょうざん)ー太閤ヶ平よりー
久松山山頂には、戦国時代中頃に開かれた山城ー鳥取城上ノ丸跡ーがあり、山麓には近世因幡・伯耆二国の支配拠点となった鳥取城跡の石垣が残っている。
このように、中世の山城的な遺構と近世の城郭遺構が併存した城跡は日本の城郭史上でも類例のない貴重なものとされており昭和32年に国の史跡に指定されている。⇒
鳥取城跡
久松山からここ太閤ヶ平へは、尾根伝いに遊歩道が設けられている。
  太閤ヶ平 土塁と陣の内側   太閤ヶ平 土塁と陣の内側    
  広告      
     
   
         
   太閤ヶ平 曲輪への出口から曲輪方面    太閤ヶ平 曲輪側 空濠    太閤ヶ平 南東部  
  太閤ヶ平 曲輪への出口から曲輪方面   太閤ヶ平 曲輪側 空濠
曲輪側より陣内部方向を見た写真。
右手前に空濠が見える。
 
  太閤ヶ平 南東部の細くなっている所   
           
   鳥取自然休養林          
  鳥取自然休養林ー国有林ー
国有林は、日本の森林面積の約30%を占めている。
国有林の多くは民有林に比べて山奥にありるが、旧城山国有林のように市街地に接している国有林は、全国的にも珍しいものである。
林野庁では市民などの皆様がハイキングや森林浴などのほか植物や野鳥などを観察したりするために、この国有林を鳥取自然休養林に指定している。
鳥取自然休養林では、樗谿公園(おうちだにこうえん)から通称本陣山(ほんじんやま)に通じる管理車道3.5qと遊歩道7qを整備している。
    林野庁 鳥取森林管理署
(現地案内板参考)
       
鳥取自然休養林案内図
         

Home 兵庫県の旅へ 黒田官兵衛ゆかりの地へ 鳥取城跡へ