旅 瀬戸内(たびせと)

勝林院 GoogleMap
     
     鐘楼  
     
   勝林院    庭園と宝蔵  
  勝林院(しょうりんいん)
魚山(ぎょざん)と号する天台宗の寺院である。
円仁(えんにん)−慈覚大師(じかくだいし)−が唐から持ち帰り、比叡山に伝承した法儀声明(ほうぎしょうみょう)の修練道場として、弟子の寂源(じゃくげん)が長和2年(1013)に創建し、後に天台声明の根本道場となった。
声明とは、インドで始まったバラモンの学問の一つであるが、日本では仏を讃える歌謡や経を読む音律として広がり、仏教のほか民謡などの日本音楽にも大きな影響を及ぼした。
文治2年(1186)に、天台宗の顕親(けんしん)が浄土宗祖の法然(ほうねん)を招き、専修念仏について論議した「大原問答」が行われた所でもある。
伝説では、その際に、本尊の阿弥陀如来が手から光明を放って念仏の衆生済度(しゅじょうさいど)の証拠を示したといわれ、本尊は「証拠(しょうこ)の阿弥陀」と呼ばれた。
本尊を安置する本堂は、鐘楼とともに、京都市の有形文化財に、また、創建当時の梵鐘と境内東側の石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、国の重要文化財に指定されている。
                                                          京都市
(現地案内板より)
 
   
       
日吉山王社・観音堂 石造宝篋印塔 本堂
境内(本堂より) 本堂欄間彫刻

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 建礼門院と大原御幸へ 京都 大原の里の旅へ