旅 瀬戸内(たびせと)

青蓮院 GoogleMap
     
    四脚門(内部より)   
       
   四脚門   華頂殿入口   
  青蓮院(しょうれんいん)
三千院、妙法院と並ぶ天台宗の三門跡の一つで、天明の大火(1788)の際に仮の御所となったことから、粟田御所(あわたごしょ)とも呼ばれる。
最澄(伝教大師)が比叡山に建てた僧侶の住居の一つ「青蓮坊(しょうれんぼう)」に始まるとされ、平安時代末期の行玄(ぎょうげん)のときに三条白川(現在地のやや北西)に移り、鳥羽法皇の第七皇子が行玄の弟子として入寺して以来、皇族や摂関家の子弟が門主(住職)を務める「門跡寺院」となった。
歴代門主のうち、三代の慈円は歴史書「愚管抄(ぐかんしょう)」の著者として有名で、十七代の尊円入道親王(そんえんにゅうどうしんのう)は和風と唐風を融合した青蓮院流ーのちの御家流(おいえりゅう)−と呼ばれる書風で知られる名筆家であった。
境内全域が国の史跡に指定されており、粟田山(あわたやま)の山裾を利用した庭園は、龍心池(りゅうしんち)を中心とした優美な池泉(ちせん)回遊式庭園で、主庭は相阿弥(そうあみ)の、霧島の庭は小掘遠州(こぼりえんしゅう)の作と伝えられている。
また、神宮道沿いの門前には、この寺で出家した親鸞聖人のお手植えと伝わる巨大な五本の楠(くすのき)ー京都市登録記念物ーがある。
寺宝として、青黒く描かれていることから「青不動(あおふどう)」の名で知られる「不動明王二童子(ふどうみょうおうにどうじ)画像」(国宝)をはじめ、多数の文化財を蔵する。
円山公園東の山頂に、飛び地の境内である将軍塚大日堂(だいにちどう)を有し、そこからの京都市街の眺めは格別である。
       京都市
(現地案内板より)
 
         
  植髪堂    クスノキと長屋門       
植髪堂(うえがみどう)
親鸞聖人の御剃髪を植えた童形像をお祀りしている。
お説教日毎月、4日、14日  絵伝説明 随時
京都市登録天然記念物 青蓮院のクスノキ
青蓮院といえば、門前にみごとなクスノキがあり、京都の旅をしていて記憶に強く残る寺院である。
これらのクスノキは12世紀末に親鸞聖人により植えられたとも伝えられている。

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 法然上人遺跡と祇園精舎へ