旅 瀬戸内(たびせと)

聖武天皇・光明皇后御陵 GoogleMap
     
聖武天皇佐保山南陵
聖武天皇・光明皇后御陵 佐保山東陵
  聖武天皇・光明皇后御陵
東大寺、転害門から一条通(平城京時代の南一条大路)を西に400m程歩いた所に聖武天皇と光明皇后の御陵がある。
聖武天皇佐保山南陵
聖武天皇は、天平年間に災害や疫病が多発したため仏教に深く帰依し、光明皇后からの進言もあって、国分寺や東大寺、蘆舎那仏の建立の詔を出し、また幾度かの遷都も行っている。
聖武天皇皇后(光明皇后)天平應眞仁正皇太后佐保山東陵
光明皇后は、藤原不比等の娘で初の皇族以外からの皇后。
国分寺や東大寺の創建を聖武天皇に進言し、また施薬院を開いて庶民に薬を与えるなどの福祉にも勤めた。
聖武天皇の崩御後は遺品を東大寺に納めた。正倉院はこれらを収める為に建てられた校倉造の建物である。
聖武天皇佐保山南陵は正面に聖武天皇皇后(光明皇后)天平應眞仁正皇太后佐保山東陵は、聖武天皇佐保山南陵手前を右に進んだところにある。
 
一条通(転害門方面)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 藤原氏の氏寺・氏神そして東大寺炎上の奈良へ