旅 瀬戸内(たびせと)    照福山 円応寺 GoogleMap    
   
 
   
   
  照福山 円応寺      
  浄土宗 照福山 円応寺(えんのうじ)  TEL092-761-1454 〒810-0074 福岡市中央区大手門3−1−7
浄土宗 円応寺は、慶長7(1602)年4月、黒田如水公の夫人照福院殿が創立して円応寺と号した。
当時は、照福山顕光院(しょうふくざんけんこういん)と号し、京都知恩院に属す。
開基は天蓮社(てんれんしゃ)眞誉上人(しんよしょうにん)見道和尚(けんどうかしょう)である。
照福院殿(しょうふくいんでん)は、播州志方(ばんしゅうしかた)の城主櫛橋豊後守伊定(くしはしぶんごのかみこれさだ)の娘で、天文22(1552)年の生まれ。
永禄11(1568)年16才で黒田孝高に嫁し長政を生んだ。
戦国時代の武将の妻らしく前半生は波乱に満ちたものだったという。
寛永4(1627)年8月26日、75才で福岡城で亡くなり照福院殿としてこの寺にまつられた。
寺は昭和20年の戦災にあい、戦後の都市計画で墓地が道路と公園にかかったので照福院殿の墓は崇福寺に移された。
寺内には昭和55年建立の供養塔がある。
墓地は冨禄武家の墓が多く、黒田節の作詞をした国学者二川相近(ふたかわすけちか)、黒田二十五騎の桐山丹波守、更には国士無双といわれた玄洋社頭山満(げんようしゃこうやまみつる)翁の墓もある。
黒田藩との関係から孝高公には本尊阿弥陀如来像(快慶作)長政公より月俸(げっぽう)および白銀、忠之公から知行百石、継高公(つぐたかこう)からは早良郡(さわらぐん)七隈(ななくま)村に二万二千坪の土地を拝領。
寺宝として弁財天一体、大黒天一体がある。
弁財天は弘法大師(空海)の直作で、大黒天は伝教大師(最澄)一刀三礼(いっとうさんらい)の彫刻という。
現在の本堂、納骨堂等の伽藍は昭和54(1979)年の建立である。
    平成4(1992)年3月    第35世 円誉代
開門は10:00〜17:00
訪問するのが早すぎた為中を参拝することが出来なかった。
交通:地下鉄「大濠公園駅」から徒歩約4分
 
  広告      
   
      Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 福岡ー福岡城・福岡城下町ーへ