旅 瀬戸内(たびせと)

道の駅 小豆島オリーブ公園 香川県 GoogleMap
風車
小豆島オリーブ公園 サン・オリーブ温泉
道の駅 小豆島オリーブ公園 TEL0879-82-2220 営業時間 8:30〜17:00 年中無休 入園料 無料
道の駅小豆島オリーブ公園は、明るい内海湾に面した高台にあり、天然温泉、レストラン、オリーブ記念館、クラフト館、ハーブガーデン、オリーブ園、宿泊施設、ギリシャ風車、テニスコート、喫茶、売店などさまざまの施設が整備されている。
うまい処
ハーブ喫茶グリース(喫茶・軽食) オリーブ記念館2F TEL0879-82-2200 営業時間9:00〜16:30
オリーブの木々の向こうに波静かな内海湾や田ノ浦半島を眺めながら、ハーブティやモロヘイヤ入りトーストをオリーブオイルで如何?
サン・オリーブ(レストラン) 小豆島オリーブ公園内 TEL0879-82-2200 営業時間10:00:〜20:30 休日:水曜日 年末の点検休業日
 
オリーブ原木 田ノ浦半島 オリーブ発祥の地石碑
  小豆島の「オリーブ」
小豆島は日本で最初にオリーブの栽培に成功した地で、2008年オリーブ栽培100周年を迎えました。
明治41年に当時の農商務省が、オリーブオイルを国内自給する目的で、香川県・鹿児島県・三重県の3県で試験栽培を行い、オリーブの栽培に適していた小豆島だけが栽培に成功しました。
オリーブはモクセイ科。
一般的には5月中旬から下旬頃に香りのある白い小花をつけます。
この花が散ると小さな実をつけ、果実は楕円形の核果で、11月頃に色が変化してきて収穫されます。
緑色の早期に収穫した果実は塩漬けにして食用とし、濃い紫色の熟果からはオリーブ油をとります。
特に、「エキストラバージンオイル」は、敵熟の果実を搾油したオイルで黄金の輝きを持つ最高級のもので、主に食用と化粧用に使われます。
また、近年オリーブの持つ天然の美容成分を活かした化粧品やオリーブ茶も作られており、美容と健康意識の高まる中で小豆島のオリーブは大切に栽培されています。
(醤油桶のモニュメントより)    
 
ハーブガーデン 三都半島 オリーブ記念館(詳しくは)
イベント広場 オリーブショップ オリーブ
水木の「荒神社」 サン・オリーブ温泉 醤の郷方面

Home 香川県の瀬戸内沿岸地域・諸島へ戻る 瀬戸内国際芸術祭2010へ戻る 小豆島へ戻る