旅 瀬戸内(たびせと)

双林寺(そうりんじ) GoogleMap
     
  双林寺(そうりんじ)
金玉山と号する天台宗の寺である。
延暦年間〔782〜805)に尾張連定鑑(おわりのむらじじょうかん)が伝教大師ー最澄(さいちょう)−を開基に招じて創建したのが当寺の起こりと伝えられる。
その後、鳥羽天皇の皇女入寺などもあって栄え、広い境内と多くの塔頭子院(たっちゅうしいん)を有したが、中世になって衰微するに至った。
応永年間(1394〜1427)に国阿上人(こくあしょうにん)が再興し、時宗一派の本山となり、東山道場と称したが、応仁の乱後再び衰え、明治維新のとき天台宗に改まった。
更に、明治の中頃、円山公園が設置された際に多くの寺地を失い、現在は本堂の一宇にその名残をとどめるのみである。
本堂に安置する木造薬師如来座像(重要文化財)は平安時代の翻波式衣文(えもん)がよく表現されている。
この地には、かって、西行(さいぎょう)、平康頼(たいらのやすより)、頓阿(とんあ)などが庵住したと伝えられ、本堂の南西飛地境内地には今も西行堂が建つ。また、豊臣秀吉もここで花見の宴を催したといわれる。
            京都市
(現地案内板より) 
 
双林寺と平家物語
1140年に出家した西行法師が草庵を結んだのがこの双林寺境内の蔡華園院(さいかおんいん)。
鹿ヶ谷事件に加担し鬼界島に流された平康頼が、帰京後双林寺の山荘に落ち着き仏教説話集「宝物集(ほうぶつしゅう)」を著した。関連史跡⇒卒堵婆石

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 法然上人遺跡と祇園精舎へ