旅 瀬戸内(たびせと)    賤ヶ岳(しずがたけ)古戦場 GoogleMap    
             
     
     余呉湖方面  
     
  賤ヶ岳砦跡     琵琶湖方面   
  賤ヶ岳古戦場
織田信長が、本能寺で明智光秀のために滅ぼされた、本能寺の変後、1583年(天正11)4月、信長の重臣柴田勝家と羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)が、この賤ヶ岳を中心として信長の後継者争いをし、秀吉が勝利をおさめ、天下取りを決意した戦いだといわれています。
また、この合戦において、秀吉軍の近習加藤清正ら7人が、槍をとって真先に進み、柴田軍を突きくずしたといわれていることから、賤ヶ岳の七本槍としてよくしられています。
(現地案内板)
                                             賤ヶ岳砦跡案内図 賤ヶ岳合戦図
 
     
         
   史跡 賤ヶ岳    長浜・小谷城跡方面   武将の像   
  賎ヶ嶽名称の紀源
賎ヶ嶽の由来は弘法大師が、全国巡錫中に大音に立ち寄り伊香具神社に参拝された際に神社の前で一人の女性に出会われました。
大師は(なに人ですか)と尋ねられると「西方に高き山あり、これ賎の住む處なる」と応えたことから後この山を賎ヶ嶽と呼ぶようになったと伝えられています。
                    大音区
                    賎ヶ岳観光協会
(現地案内板)
 
   
   余呉湖方面 パノラマ  
         
   賤ヶ岳西尾根登山道 山頂付近   賤ヶ岳西尾根登山道     賤ヶ岳合戦戦没者霊地  
   
  奥琵琶湖方面 パノラマ      
         
   賤ヶ岳リフトー近江鉄道ー   賤ヶ岳駐車場    賤ヶ岳登山道   

Home 黒田官兵衛ゆかりの地へ 兵庫県の旅へ 黒田家廟所ー長浜 木之本ーへ