旅 瀬戸内(たびせと)

塩飽勤番所ー本島ー GoogleMap
     
     塩飽塩飽勤番所勤番所 主屋  
     
    塩飽勤番所 長屋門ー入母屋造り 本瓦葺きー    塩飽勤番所 朱印庫  
  史跡 塩飽勤番所 昭和45年(1970)指定 TEL0877-27-3540 香川県丸亀市本島町泊
塩飽の人名(にんみょう)650人から選ばれた3人の「年寄」が勤番して塩飽全島の政務を行った所である。
寛政10年(1798)に出来たが現在の建物は、文久2年(1863)に改築したものである。
長屋門の中央が通行所になっていて、右が番部屋、左が供部屋であった。
通行所の左右の土台敷石には、巨大な石材を使っている。門内につるしてある龍吐水も珍しい。
屋敷の中央は、本館左に連なる一棟が年寄の詰所で常に諸般の事務を執った所である。
その左の倉庫はいわゆる御朱印庫で、庫の内の石櫃には信長・秀吉・秀次・家康・秀忠の朱印状七通と安堵の沙汰書、高松領と塩飽領との漁区論争の判決書(寛保御十判「)、その他貴重な古文書が蔵されていた。
     昭和45年7月22日付国の重要史跡指定
     昭和52年3月解体修理復元工事が完了した。
           丸亀市教育委員会
(現地案内板)
開館時間 9:00〜16:00
休館日 月曜日(休日の場合はその翌日) 年末年始(12月29日〜1月3日)
入場料 大人(高校生以上)200円 小人(小・中学生)100円
団体(20名以上) 2割引き
 
           
  裏庭    長屋門    かまど  

Home 香川県の旅へ 瀬戸内国際芸術祭へ 本島へ