旅 瀬戸内(たびせと)    白旗城跡(しらはたじょうあと) GoogleMap    
             
       
       
       
    白旗城跡   赤松の里公園   
  国指定史跡 白旗城跡(しらはたじょうあと) 上郡町赤松・細野・大富・野桑
白旗城跡は、南北朝時代の武将赤松円心が建武3年(1336)に築城し、新田義貞率いる軍勢の、50余日の城攻めに耐えた堅固な山城です。
赤松円心はこの功績によって足利尊氏の室町幕府開設をたすけ、播磨国守護職に任じられました。
以後、嘉吉の乱(1441年)で赤松氏が滅びるまで、白旗城は播磨・備前・美作三ヶ国の守護大名赤松氏の本城でした。
現在のこる城跡の一部は、後の戦国時代(16世紀代)の前半頃までに改修されたものと思われ、標高約440mの白旗山頂を含む、長さ約550mに及ぶ尾根上を中心に、本丸・二の丸・三の丸・櫛橋丸・馬場丸・侍屋敷と伝えられる曲輪跡や、土塁・堀切・石積などの防御施設がのこっています。
白旗城跡へは、近畿自然歩道を利用して赤松側と野桑の両側から登ることができます。
         上郡町
         上郡町教育委員会
(現地案内板)    因幡街道案内図 白旗城跡案内図