旅 瀬戸内(たびせと)

白旗神社 GoogleMap
     
    白旗神社 本殿   
     
    白旗神社    白旗神社 拝殿  
  白旗神社由緒記
祭神    源頼朝公
例祭日   1月13日
由緒 この地はもと源頼朝公居館(幕府)の北隅で持仏堂があり、石橋山の合戦にあたって、髻の中に納めて戦ったという小さな観音様が安置され頼朝公が篤く信仰していた。
正治元年(1199)1月13日頼朝公が亡くなるとここに葬り法華堂と呼ばれ毎年命日には将軍が参詣し仏事を執り行い多くの武将も参列した。
その後鶴岡八幡宮の供僧「相承院」が奉仕して祭祀を続け、明治維新に際し寺は白旗神社に改められ源頼朝公を祭神として今日に至っている。
現在の社殿は明治維新百年を記念して昭和45年に源頼朝公報恩会の方々の篤志によって造営されたものである。
持仏ー守り本尊として、常に身近に置いて信仰する仏像
(現地案内版)
 
         
   白幡神社・法華堂跡碑・源頼朝顕彰碑   頼朝公顕彰碑    源頼朝の墓  
             

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝による幕府創建の地鎌倉