旅 瀬戸内(たびせと)

白峯神宮(しらみねじんぐう) GoogleMap
        
     拝殿  
     
    白峯神宮 神門    本殿  
  白峯神宮
当神宮は、崇徳天皇及び淳仁天皇を祀る。
明治天皇は父孝明天皇の遺志を継ぎ、保元の乱により讃岐国(香川県)へ配流になった崇徳天皇の慰霊のため、明治元年(1868)讃岐の白峯陵より神霊を迎えて、創建された。
次いで明治6年(1873)には奈良時代に僧道鏡と恵美押勝の争いにより、淡路島に配流の淳仁天皇の神霊を迎えて合祀された。
この地は蹴鞠・和歌の宗家飛鳥井家の邸跡で、同家の守護神「まり精大明神」が祀られ球技愛好者に崇敬されている。
他に「伴緒社」「潜龍社」などの境内社があり、「おがたまの木」は京都市の天然記念物に指定されている。
                                            京都市
(現地案内板)
右の写真:奉納されたボールが本殿に展示されている。。
 
     
   オガタマノキ   鞠庭・拝殿  蹴鞠の碑  
四国霊場第81番札所 綾松山 洞林院 白峰寺

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ 白峯神宮へ