旅 瀬戸内(たびせと)

神泉苑 GoogleMap
 
神泉苑
延暦13年(794)、桓武天皇が平安京の造営に当たり、大内裏の南の沼沢を開いて設けられた苑池で、常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名づけられた。
その境域は、南北四町東西二町という広大なもので、苑内には大池と中嶋のほか、乾臨閣(けんりんかく)や釣殿(つりどの)、滝殿などもあり、歴代の天皇や貴族が舟遊、観花、賦詩、弓射、相撲などの行事や遊宴を行ったといわれている。
天長元年(824)春の日旱(ひでり)に、この池畔で東寺の僧空海が善女(ぜんにょ)龍王を祀って祈雨の法を修して霊験があったと伝えられ、以後当苑では名僧が競って祈雨の修法を行うようになった。
また、貞観五年(863)には、初めて当苑で御霊会(ごりょうえ)が執行されるなど、宗教霊場として利用されるようになった。
(現地案内板)
白拍子であった静御前が、ここの舞台で雨乞いの舞を舞いそれを義経が見初めたとされている。                                                                                                                 神泉苑ホームページ

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ 平安宮遺祉へ