旁E瀬戸冁EたびせとEE></a></p>
<P align=

守護山 真珠院 GoogleMap
     
     山門  
     
  八重姫御堁Enbsp;     本堁E/font>  
      
  守護山 真珠院EしんじめEん!Ebr> 伊東祐親の四女「E重姫」が、E朝との恋に破れ、E水自殺した古川沿ぁEある寺。山門の右手に八重姫を祀る御堂がある、Ebr> 古来、修行道場として栁E「祁E林(ぎじゅりんE」E別称がある、Ebr> 宗旨 曹洞宗「禁E、Ebr> 本山 福井 永平寺E道允EE開山EEbr>     横流E/font> 総持寺E瑩山ーけいざんー禁E開山EEbr> 本尊 釈迦牟尼仁Ebr> 開山 実山永秀EじつざんえいしゅぁE禁E
開創 鎌倉時代、真言宗として開創。室町時代に曹洞宗に改宗し現在に至る、E/font>(現地案E版!E/font>
                                                                
真珠院案E図
本堁E/font>
E法堂!Ebr> 禁Eでは佛殿と称し、寺院伽藍E中忁Eなる本尊をまつる建物
当寺では正面に本尊、E迦牟尼佛を安置し、脇立(わきだちEとして阿難Eあなん)尊老EE迦葉(がしょぁE尊老EE二佛を配し、その左右に
永平寺御開山高祖承陽大師E道允EEEEbr> 総持寺御開山太祖常済大師E瑩山禁EEをまつる、Ebr> 又、堂Eには、E磨大師・十E羁E等E佛像が安置されております、E/font>E現地案E版!E/font>
伊東八重姫入水の地
源頼朝との契りの一子「千鶴丸」を源平相克EぁEにえにされた伊東祐親の四女「E重姫」E、悶、Eを送る中、Eに意を決し治承4年7朁E6日侍女6人と共に伊東竹の冁EE別館をぬけEし、亀石峠の難路に、EめE忁E沈めながら頼朝E身をかくす北条時政の門をたたきました、Ebr> 然し既に政子と結EれてぁEことを知る邸の門衛E冷たく、幽閉された身の我が舘に帰る術もなぁEE重姫は、あわれ真珠ヶ淵の渦巻く流れに悲愁E若き「いのち」を断ってしまぁEした、Ebr> 悠乁EE百年、狩野川E幾度か流れを変え、今E「古川」E小さな流れに閉ざされた悲恋EしEび音をEばせてくれます、Ebr> 尚、当院墁EEに県下最古の「五輪塔」!E302E並に磨崖仏!E363Eその他宝篋印塔!E335E等、E重な石造物が安置されてぁEす、Ebr>                                  韮山町観光課
                                 八重姫奉賛企E/font>(現地案E版!E/font>
 
           
   八重姫御堁Enbsp;    五輪塁Enbsp;    宝篋印塁E/font>  
  八重姫御堁E/b>(静堂!Ebr> 鎌倉E期、源頼朝との恋にめEEれ悲恋E入水をした伊東八重姫をまつる御堂で、堂E正面に八重姫の木像を安置し、下に供養塔を収める、Ebr> 那木Eなぎ) 堂E右手E大木は那木E和木EとぁE、平和、穏やかE意。この葉E横に割けず、Eのお守りとして、又、家族平穏Eお守りとして持つと功徳があるとぁE、Ebr> 願かけ石   堂左前にある願かけ石は、E刁EE年の数だけ石をたたき、Eい事をすると忁E成就すると古来より伝えられてぁE、Efont size="1">(現地案E版!E/font>
五輪塁E/b>
地・水・火・風・空の五大をそれぞれ、方・冁EE三角E半月・宝珠の形で象徴し積みあげた塔で、後年、板塔婁EE上部に刁E刻む原形ともなる、Ebr> 当寺の五輪塔E正宁E年EE302EE建立で、県冁E古の五輪塔です、Ebr> 水輪の四方に四方佛(東方・阿閦ーあしめEー佛、南方・宝生ーほぁEめEー佛、西方・阿弥陀佛、北方・不空成就ーふくうじょぁEめEE佛)がきざまれた、E常に貴重な塔とぁEます、E/font>(現地案E版!E/font>
 
           
   三界丁E塁E/font>    狩野巁E/font>    伊豁E岡駁E/font>  

Home 平家物語(源平Eゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝E所の地 蛭が小島とそE周辺へ