旅 瀬戸内(たびせと)

下鴨神社(しもがもじんじゃ) GoogleMap
   
下鴨神社 参道(糺の森)
楼門  下鴨神社 鳥居
下鴨神社(賀茂御祖神社ーかもみおやじんじゃー)
平安時代以前から存在する京都で最も古い神社の一つで、平成6年(1994)に世界文化遺産に登録された。
上賀茂神社(かみがもじんじゃ)の祭神である賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)の母の玉依媛命(たまよりひめのみこと)と玉依媛命の父の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)を祀ることから、正しくは賀茂御祖神社といい、上賀茂神社とともに賀茂社(かもしゃ)と称される。
平安遷都(794)後は王城の守護神として朝廷をはじめ公家や武家の崇敬を集め、弘仁(こうにん)元年(810)以降、約400年にわたり、斎院(さいいん)(斎王の御所)が置かれ、皇女が斎王として賀茂社に奉仕した。
江戸末期の文久(ぶんきゅう)3年(1863)に造替された東本殿と西本殿が国宝に指定されているほか、多くの社殿が重要文化財に指定されている。
また、約12万4千平方メートル(東京ドームの約3倍)に及ぶ境内の自然林は「糺(ただす)の森」として市民に親しまれ、平安京以前の原生林を残す貴重な森林として国の史跡に指定されている。
毎年5月15日には、京都三大祭の一つである葵祭(あおいまつり)が行われ、御所から当神社を経て上賀茂神社まで向かう行列が、都大路に王朝絵巻を繰り広げる。
また、5月3日の流鏑馬(やぶさめ)神事や7月の土用の丑の日に行われる御手洗祭(みたらしまつり)などもよく知られている。
                                        京都市
(現地案内板)
                                                             下鴨神社境内案内図
   
下鴨神社は賀茂川(左)と高野川(右)との合流点の糺(ただす)の森の中にある
史跡 賀茂御祖(かもみおや)神社境内
                                  昭和58年3月29日指定
賀茂御祖神社(通称 下鴨神社)は、「山城国風土記」逸文に祭神の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、玉依媛命(たまよりひめのみこと)の神話伝承が、そして「続日本紀」に賀茂祭のこと、さらに「社記」には崇神天皇時代の記録などが記されているように、古くからの大社であった。
また、玉依媛命の御子神は、賀茂別雷神社(通称 上賀茂神社)に祀られている。
境内の糺の森は、鴨川と高野川の合流する三角州に山背盆地の植生を残す貴重な森林で、その美しさは古くから物語や詩歌にうたわれてきた。
社殿の造営は、「社記」に天武天皇6年(677)のこととされ、長元9年(1036)には、21年ごとの式年遷宮が定められた。
現在の社殿は、江戸時代の造替で、両本殿が国宝、他の社殿53棟は重要文化財である。
平安京遷都以降は、皇城鎮護の神、賀茂皇大神宮と称され、全国に六十以上の荘園を持ち、山城国の一の宮、全国賀茂神社1,300社の総本社として広く崇敬されてきた。
弘仁元年(810)には、賀茂斎院の制度が定められ、皇女を斎王として35代約400年間賀茂社の神事に仕えさせられた。
斎院御所は、この糺の森の北西に、常の御所は、柴野大宮に設けられていた。
また、桓武天皇が延暦13年(794)平安遷都祈願の行事をされて以来、歴代天皇、上皇、関白などの賀茂詣も盛んであった。
さらに、毎年5月15日に賀茂祭(葵祭)が行なわれ、この祭は、「源氏物語」をはじめ王朝の文学、詩歌にその華やかな行列の様子が描かれ、単に祭と言えばこの葵祭を指すほどの盛儀で、その起元は、欽明天皇5年(545)にさかのぼる。また、御蔭祭、騎射(流鏑馬)、蹴鞠(けまり)、歌舞など千数百年伝承されている神事も多い。
このたびこのような賀茂御祖神社の歴史的意義を重視し、境内全域を国の史跡に指定して保存することになった。
         昭和61年3月吉日
                    文部省
                    賀茂御祖神社
(現地案内板)
下鴨神社 拝殿 下鴨神社 舞殿 下鴨神社 御手洗社(井上社)
重要文化財 舞殿
葵祭のとき勅使が御祭文を奏上され東游が奉納される。入母屋造、桧皮葺、桁行四間、梁間三間。

下鴨神社 御手洗社
御祭神 瀬織津姫命(せおりつひめのみこと) 例祭 土用の丑(うし)の日
人々の罪穢れを大海原へと祓いやり心身を清浄にしてくださる神様。前の池は御手洗池。
葵祭に先だつ斎王代の御禊の儀は、この社前の御手洗池で行われ、夏の風物詩土用の丑の日の足つけ神事、立秋の前夜の矢取りの神事はともに有名である。
土用になれば、御手洗池から清水が涌き出ることで七不思議の一つにも挙げられ、池底から自然に吹き上がる水泡をかたどったのがみたらし団子の発祥と伝えられている。
下鴨神社 言社(えとの守り神) 下鴨神社 御手洗川 下鴨神社 輪橋
下鴨神社 言社(えとの守り神)
下鴨神社の拝殿の前に七体の神社がまつられており、それぞれには干支が書かれている。
下鴨神社 輪橋(そりはし)と光琳(こうりん)の梅
尾形光琳(1658〜1716)が、このあたりを描いたのが「紅白梅図屏風(国宝)」である。以来、この梅を「光琳の梅」と呼ばれるようになった。
下鴨神社 橋殿 下鴨神社 細殿 下鴨神社 解除所
重要文化財 橋殿
御蔭祭(みかげまつり)のとき、御神宝を奉安する御殿。また行幸、御幸のさい、公卿、殿上人の控え所と定められていた。
現在は、名月管弦祭、正月神事等年中祭事のときに神事芸能が奉納される社殿。
式年遷宮寛永5年度(1628)造替後は、21年ごとに解体修理が行われる。
重要文化財 細殿(ほそどの)
歴代天皇の行幸、上皇、法皇、院、関白賀茂詣には、歌会などが行われた社殿。
御本宮式年遷宮ごとに造替されており、現在の社殿は、寛永5年度(1628)遷宮建替になるもので、以降は、遷宮ごとに解体修理が行なわている。
解除所(げじょしょ)
この湧水の地は、御手洗池あるいは、みたらし川と呼ばれ、古代から今に至るまで5月15日葵祭にさきがけ斎王代御禊儀(さいおうだいみそぎのぎ)をはじめ年中祭事の樹下神事(じゅげしんじ)御祓(おはらい)が斎行される場所。
下鴨神社 中門 下鴨神社 印璽社 下鴨神社 唐門
印璽社
御祭神 印璽(いんじ)。印鑑守護。様々の約束事をお守り下さる神様。
重要文化財 唐門 江戸時代 寛永5年造替
屋根の唐破風(からはふう)の形式からその名がある。また、欄間(らんま)にブドウの紋様が彫刻されているところから、ブドウ門ともよばれている。
ブドウ棚の紋様は、我が国独自の意匠であり、神話が伝えるように門をくぐると人々を御祓(おはらい)する意味を表している。
下鴨神社 境内 下鴨神社 神服殿 下鴨神社 媛小松
重要文化財 神服殿
夏、冬の御神服を奉製する御殿であったため、その名がある。古代祭祀の神殿様式を伝える貴重な社殿である。
近世は、勅使殿又は着到殿となり、古来殿内の一室が、行幸のときは、玉座となった。
下鴨神社 解除所 下鴨神社 葵の庭 下鴨神社 御井
解除所
当神社は古代から天皇ご親斎(しんさい)のお社である。行幸、御幸、官祭にさいして解除(お祓)をされるところ。
重要文化財 御井(みい)
神饌(しんせん)の御水や若水神事(わかみずしんじ)など御水の祭事が行われる所である。
下鴨神社 大炊殿 下鴨神社 唐車 下鴨神社 三井神社
重要文化財 大炊殿
神饌(お供え)の御料を煮炊きし、調理をする社殿で大炊所(おおいどころ)とも呼ばれている。
神社建築のなかでこの種の社殿が現存するのは非常に貴重である。
唐車(からぐるま)
唐車は屋根の造りが「唐破風(からはふ)」になっていることから名づけられたもので、上皇(じょうこう)・皇后・東宮(とうぐう)・親王または摂政・関白が用いた最も格式の高い牛車。
下鴨神社 出雲井於神社 下鴨神社 供御所 下鴨神社 西鳥居
下鴨神社 印納社 下鴨神社 愛宕社(東社)・稲荷社(西社) 下鴨神社 御手洗ー三本杉
賀茂川 下鴨神社 河合神社 下鴨神社 三井社
下鴨神社 河合神社 祭神 神武天皇の母 玉依媛命
源平の時代に生きた、「方丈記」の鴨長明ゆかりの神社。
御蔭通沿いの駐車場から「糺の森」の参道に入ってすぐ左側、「瀬見の小川」に架かる石橋、「紅葉橋」を渡ったところにある。通り過ぎないように注意。
下鴨神社 相生社 下鴨神社 駐車場
下鴨神社 相生社
相生社は、縁結びの神で下鴨神社、楼門の前にある。

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ