旅 瀬戸内(たびせと)

下鴨神社 御手洗社(みたらししゃ)=井上社(いのうえしゃ)
     
  下鴨神社 井上社 別名 御手洗社(みたらししゃ)
御祭神 瀬織津姫命(せおりつひめのみこと) 例祭 土用の丑(うし)の日
人々の罪穢れを大海原へと祓いやり心身を清浄にしてくださる神様。前の池は御手洗池。
この社の前身は、「三代実録」、元慶3年(879)9月25日の条をはじめ諸書に見える唐崎社である。
賀茂斎院の御禊や解斎、関白賀茂詣の解除に参拝になった社である。
元の社地は、高野川と鴨川の合流地東岸に鎮座のところ、文明の乱により、文明2年(1470)6月14日焼亡したため、文禄年間(1592〜96)に、この所に再興になり寛永度(1629)式年遷宮より官営神社となった。
また、井戸の井筒の上に祀られたところから井上社と呼ばれるようになった。
賀茂祭(葵祭)に先だつ斎王代の御禊の儀は、この社前の御手洗池で行われ、夏の風物詩土用の丑の日の足つけ神事、立秋の前夜の矢取りの神事はともに有名である。
土用になれば、御手洗池から清水が涌き出ることで七不思議の一つにも挙げられ、池底から自然に吹き上がる水泡をかたどったのがみたらし団子の発祥と伝えられている。
(現地案内板)
 
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ 下鴨神社へ