旅 瀬戸内(たびせと)

清水谷(しみずだに)家の椋(むく)
   
  清水谷家の椋
この大きなムクの木は、このあたりが清水谷家という公家の屋敷であったことから「清水谷家の椋」と呼ばれています。
樹齢は約300年といわれ、苑内でも数少ないムクの大木です。
1864(元治元)年の禁門の変の時、長州藩士で遊撃隊(長州尊皇攘夷激派の一つ)の総督だった来島又兵衛(きじままたべえ)がこの木の付近で討死したとも伝えられています。
(現地案内板) 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅 平家物語と京都へ 京都御苑へ