旅 瀬戸内(たびせと)

指月殿(しげつでん) GoogleMap
     
   指月殿   木造 釈迦如来像 鎌倉時代作   
  指月殿(しげつでん)
この地で非業の死を遂げた鎌倉幕府第二代将軍頼家(よりいえ)の冥福を祈り、母北条政子(ほうじょうまさこ)が建立したもので、伊豆最古の木造建築といわれている。
指月とは経典を意味し、禅家が愛用している不立(ふりゅう)文字を解く言葉である。
建立の際、政子が寄進した宋版大蔵経(そうはんだいぞうきょう)は、大半が散失し僅か8巻しか残っていない。
そのうち「放光般若波羅蜜多経(ほうこうはんにゃはらみたきょう)」の第23巻が静岡県指定文化財となっている。
本尊の釈迦如来坐像は、寄木(よせぎ)造りで高さは203センチ、持ち物のないはずの釈迦像が右手に蓮の花を持っているのが特徴である。
「指月殿」の扁額(へんがく)の実物は、宋の名僧一寧一山(いちねいいちざん)の書といわれ、修善寺本堂に保存されている。
(現地案内版)
 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 源頼朝配所の地 蛭が小島とその周辺へ