旅 瀬戸内(たびせと)

 

白河院跡碑 GoogleMap
 
  白河院
白河院跡の碑 六勝寺
 
白河院(しらかわいん)並びに法勝寺(ほっしょうじ)
白河院は、もと藤原良房(よしふさ)の別荘 白河別業(しらかわべつごう)であり、藤原氏北家によって代々受け継がれてきたが、藤原師実(もろざね)の時、白河天皇(1053〜1129)に献上され、承保(じょうほ)2年(1075)白河天皇によってこの地に法勝寺が建立された。
法勝寺は、尊勝寺・最勝寺・円勝寺・成勝寺・延勝寺とともに六勝寺(ろくしょうじ)と総称された寺のひとつで、東は岡崎道より300メートル東、西は岡崎道、南は現在の動物園の南、北は冷泉通より50メートル南に囲まれた広大な寺域を有し、五大堂・八角堂・常行堂などの諸堂が立ち並んでいた。
中でも、池の中島に建つ「八角九重塔」は高さ約80メートルの壮大な塔であったといわれている。
文治(ぶんじ)元年(1185)の大地震により、九重塔以外の諸堂の大半が倒壊し、承元(じょうげん)2年(1208)には九重塔も落雷により焼失したが、この時は栄西禅師が大勧進となって一部再建した。
しかし、康永(こうえい)元年(1342)の火災により残る堂舎も焼失し、その後、覚威(かくい)和尚によって一部再建されたが、衰退の一途を辿り、やがて廃寺となった。
                  京都市
(現地案内板より)

 

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 平安神宮から鹿ヶ谷へ