旅 瀬戸内(たびせと)                                                                                 

大三島の旅(観光) 瀬戸内しまなみ海道  GoogleMap
  スマートフォンで表示  
       
  多々羅大橋と大三島(瀬戸田パーキングエリア下りより)    大山衹神社(詳しくは)   道の駅 多々羅しまなみ公園  
  大三島
大三島は、瀬戸内海の中でも、備讃瀬戸に並ぶ景勝地として知られる芸予諸島の中央に位置し、瀬戸内海の島の中では、倉橋島に次いで5番目に大きな島である。
島の中央西部には、古くから、日本総鎮守と呼ばれ朝廷をはじめ日本国民の崇敬を古代から集めてきた大山祇神社が祀られている。
船でのアクセス 
大三島フェリーー 
忠海(広島)~大久野~盛  
大三島ブルーライン
今治~宗方(大三島)~木江(天満・一メ目)~宮浦(大三島)  

大三島案内地図
  
  日本総鎮守 大三島宮 大山祇神社
TEL0897-82-0032
愛媛県今治市大三島町宮浦3327
御祭神 大山積大神(天照大神の兄神で木花開耶姫命の父神)
日本に一万社余りある山祇神社と三島神社の総本社とされ県内でも最古の神社。
本殿には、この神社の宝である「鏡」と「矛」が秘蔵されている。
境内は、静寂で神秘的な雰囲気をただよわせており、拝殿前広場には樹齢約2,600年といわれる大楠が神木として鎮座している。
海の神、山の神、武人の神として朝廷を初め、多くの武将からも古くから信仰されており、戦勝祈願や海上安全の守護神として各時代の美術工芸品、特に刀剣・甲冑を主体とする武具類が数多く納められてきた。
その中には源義経や源頼朝、木曽義仲の奉納した宝物もあり、これらは境内の宝物館(全国で国宝、重文に指定された武具・甲冑の約8割を収蔵)に展示されている。
参拝可能時間:日の出頃~17:00
宝物館・海事博物館:8:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日:年中無休
駐車場:あり(道の駅など近隣施設)、無料
料金:
大山祇神社境内は無料
宝物館・海事博物館ー大人1,000円、高校・大学生800円・小・中学生400円

交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約15分
大山祇神社境内鳥瞰案内図
  道の駅・多々羅しまなみ公園
TEL0897-87-3866
〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口9180-2
地元の特産品を安く販売する物産館、レストラン、レンタサイクルショップなどが揃った観光拠点。
瀬戸内しまなみ海道大三島ICを降りてすぐのところにあり、瀬戸内海に浮かぶ生口島、多々羅大橋の展望がすばらしい。
第二次世界大戦で連合軍の上陸作戦の舞台となった、フランスのノルマンディからやってきた「しあわせの鐘」展望台などもある。
春から夏にかけては、レモンなどの柑橘類を安く買うことができる。
営業時間9:00~17:00(*施設や季節によって異なるので注意)レストラン:10:00~16:00(ラストオーダー15:00)
*繁忙期は変更あり
休み:年中無休
駐車場:普通車300台、大型16台、障害者3台
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」を降りてすぐ
 
 
       
   広告  
     
多々羅大橋 大三島 藤公園(詳しくは) 鶴姫公園
  多々羅大橋
多々羅大橋は広島県の生口島と愛媛県の大三島を結ぶ、橋長1,480m、中央支間長890mの世界最長の3径間連続複合箱桁斜張橋である。
平成4年11月から現地工事に着手し、平成11年5月1日から供用を開始した。
本橋はフランスのセーヌ川河口に架かる斜張橋であるノルマンディ橋と姉妹橋として提携し、平成11年5月1日に調印した。
昭和50年12月の大三島橋起工以来約四半世紀後、本橋の完成により、しまなみ海道が全通した。
平成11年5月1日本州四国連絡橋公団
(現地案内碑より抜粋)
  大三島藤公園
TEL0897-82-0500
(今治市役所 大三島支所 産業建設課)
愛媛県今治市大三島町宮浦9100-1
大三島美術館を中核とし、東側には延長約300mの藤棚とバラ、桜などの花木と芝をめぐらした洋風の公園を、西側には枯山水公園を中心にボタン、アジサイなどの花を中心にした日本庭園を配置している。
5月4日(日)に訪れた時丁度藤の花が満開で多くの人が訪れていた。
長い藤棚と、すだれのように垂れ下がった藤の花、そして甘い蜜のにおいが印象的であった。
場所は、大山衹神社、道の駅「しまなみの駅御島」のすぐそば。
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約15分
大三島藤公園案内図
  鶴姫公園 Tsuruhime Park
TEL0897-82-0500(今治市役所 大三島支所産業建設課)
今治市大三島町宮浦9099-1
瀬戸内のジャンヌダルクと呼ばれる、大三島に伝わる鶴姫伝説にちなんだ公園。
公園内では、鶴姫伝説がわかりやすくイラストにより紹介されている。
場所は、大山衹神社、大三島藤公園のすぐそば。
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約15分

鶴姫哀話
天文12年(1543年)6月、海は荒れ、横なぐりの雨が降り続くなか、周防大内方の軍勢と、これを迎え討つ三島水軍の海士たちとの死闘が連日くり返えされていた。
その中に、父の三島安用より授かり賜った紺糸裾素懸威童丸の鎧を身につけたうら若き乙女鶴姫の姿があった。
戦いが終わり三島城に引き揚げた戦士の中に、恋人の三島の小冠者安成の姿はなかった。
安成を失った鶴姫の心の傷は大きく
わが恋は 三島の海の うつせ貝 
       むなしくなりて 名をぞわづらふ
の一首を残し、その後小舟でこぎ出し、母の形見の鈴を胸に抱き、安成の後を慕って海に消えた。
今も、このあたりの海を通ると、鈴の音が聞こえるという。
鶴姫18歳の初夏であった・・・・
 
 
   広告  
盛キャンプ場(詳しくは) 盛海水浴場 展望台(詳細は)(村上三島記念館側)
  大三島 盛キャンプ場・海水浴場 
TEL0897-87-3855 FAX0897-87-3854(9:00~17:00)
多々羅インフォーメーションセンター
〒794-1402 今治市上浦町井口9180-4
大三島の北端にあるキャンプ場・海水浴場。
大三島サイクリングコースにも入っている。
トイレ、シャワー、炊事場完備
料金:基本料金 大人300円、子供150円
+持込みテント1張1,000円
温水シャワー:200円/5分(7月上旬~9月上旬)
チェックイン:12:00~チェックアウト翌日11:00
休日:年中無休
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約10分
  盛海水浴場
TEL0897-87-3855 FAX0897-87-3854(9:00~17:00)
〒794-1402 今治市上浦町井口9180-4
海水の透明度が高く、海水浴は勿論、釣りや潮干狩りを楽しむことが出来る。
道路をはさんで盛キャンプ場がある。
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約10分
  展望台(村上三島記念館側)
多々羅しまなみ公園そばの村上三島記念館のある高台にこの展望台はある。
展望台からの、多々羅大橋や大三島、生口島、そしてそれらを含めた瀬戸内海の眺望はすばらしい。
 
 
道の駅「しまなみの駅御島」 大三島美術館 マーレ・グラッシア大三島
  道の駅「しまなみの駅御島
TEL0897-82-0002 
愛媛県今治市大三島町宮浦3260
大山衹神社に隣接して設置されている。
大山衹神社の駐車場、総合案内所、情報コーナー、地元特産品の物産センターを併設。
また、サイクリストのため、仮眠室、温水シャワー、レンタサイクルを完備。
営業時間:8:30~17:00 
休日:年中無休 
温水シャワー1回200円
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」より車約10分
 
  大三島美術館
TEL0897-82-1234
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦9099-1
昭和15年以降に生誕した現代の日本画家の作品、特に院展の同人、日展の評議員の方々の作品が紹介されている。
常設:田淵俊夫記念展示室。 郷土ゆかりの画家 智内兄助、他に中島千波、竹内浩一など。
営業時間:9:00~17:00 
休日:月曜日(*祝祭日の場合は翌日) 年末年始(12月27日~12月31日) 
料金:一般 大人500円 学生250円 団体割引(20人以上)2割引き
        大三島美術館ホームページ   
  マーレ・グラッシア大三島(海水温浴施設) TEL0897-82-0100 FAX0897-82-0710 〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5902
海水・海藻・海の気候などを組み合わせた、タラソテラピー(海洋療法)の考えを取り入れた海水温浴施設。
沖合い約500mから採取した海水を加熱した塩風呂。露天風呂から見る夕日は最高。
海水を温めた風呂、ジェット水流のマッサージバス、露天風呂など8種類の風呂と、瀬戸内の料理が楽しめるレストランがある。
営業時間:10~21時 
入浴料金:大人(中学生以上)500円 小人(3歳以上小学生以下)250円 高齢者(65歳以上)400円 障害者250円
交通:大三島ICより車約15分
駐車場:あり(60台)・無料
                              マーレ・グラッシア大三島ホームページ
 
伯方の塩 お食事処 大漁 せとうち茶屋
  伯方塩業大三島工場 
TEL0897-82-0660 
愛媛県今治市大三島町台(うてな)32
伯方塩業大三島工場は、マーレ・グラッシア大三島の直ぐ隣にあり、製塩工程の見学ができる。
見学受付:9:00~15:30(見学は16:00まで)-工場の稼働時間9:00~15:00(休憩時間12:00~12:50、午前と午後に小休憩15分館)、15時以降機械は停止するが見学は可能
見学所要時間:工場 約20分~40分 工場と塩田 約40分~80分 
定休日:年末年始ー12月28日~1月7日 盆休ー8月13日~8月17日 地方の祭りの日他
駐車場:あり
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」より車約20分
             伯方塩業大三島工場ホームページ 
  お食事処 大漁 
TEL0897-82-1725 
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5507-1
大山祇神社の前にある食事処。
私は入っていないがすごい行列を作っていたので撮影。
聞くところによると、海鮮丼がすごく安いということで有名らしい。
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00 ランチ営業 日曜日営業
定休日:火曜日、水曜日
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」から車約10分
駐車場:無し(道の駅「しまなみの駅御島」が近くにあり
 
  せとうち茶屋(大三島) 
TEL0897-82-0195 
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5119-2
大山祇神社のすぐ隣にある食事処と土産処のある休憩所。
駐車場:普通車100台、バス21台    
        せとうち茶屋ホームページ
 
 

   広告  
     
お食事処 喜船 ファミリーレストラン よしかわ 大三島橋(鼻栗瀬戸)
  お食事処 鯛めし 喜船(きふね) 
TEL0897-82-0058 
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦9119-9
営業時間:11:30~15:00 17:00~21:00
定休日:不定休
私は海鮮丼にした。
ここの海鮮丼ネタも新鮮でタレも結構おいしかった。
その後もしまなみ海道へ知人などを案内する時は、この食事処を利用している。
大山祇神社の左斜め前
  ファミリーレストラン よし川(大三島)
TEL0897-82-0392 
〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5714-15
営業時間:10:30~20:00
休日:不定休
 
  鼻栗瀬戸
大三島と伯方島の間にある鼻栗瀬戸架橋地点付近は、水際線間隔約300mと狭く、直角に曲がっているため潮の干満差及び潮流の最大はそれぞれ4m及び8ノットという急流で航海の難所である。
大三島橋が見たくて鼻栗瀬戸の展望台まで来たが、瀬戸内海国立公園内で、樹木の伐採が制限されているためか、見晴らしは決して良くはなくこの写真の撮影ポイントを探すのがやっとであった。
途中の道が狭く対向がしにくい、特に51号線から展望台までの150m程が狭い。駐車場も2台程度しか止められないのが難点。
 
台(うてな)海水浴場 ところミュージアム大三島 ニワトリ島
  (うてな)海水浴場・キャンプ場 
TEL0897-82-0577(オープン期間中のみ)  
TEL0897-82-0500(今治市役所大三島支所 産業建設課)
〒794-1305 愛媛県今治市大三島町台(うてな)5089
宮浦港南方約3㎞(マーレ・グラッシア大三島の少し南)、宮浦港から車で約5分の所にある、キャンプ場、更衣室、温水シャワーなどを備えた海水浴場。
写真のように白い砂浜とあおい海がすばらしい。
キャンプ場・海水浴場ともオープン期間は
7月上旬~8月下旬
利用料金:
宿泊利用の場合
キャンプ場使用料ー大人300円・小人150円
加算料ー持込みテント1,000円
デイキャンプの場合
キャンプ場使用料ー大人200円・小人100円
加算料ー持込みテント700円
交通:大三島ICより約20分

台(うてな)海水浴場・キャンプ場ホームページ 
台漁港海水浴場周辺案内図
  
  ところミュージアム大三島 TEL0897-83-0380 〒794-1308 愛媛県今治市大三島町浦戸2362-3
現代彫刻の美術館(平成16年開館)。
主な展示作家ーノエ・カッツ(アメリカ)、マリソール、トム・ウッセルマン、ジャコモ・マンズー(サン・ピエトロ寺院大聖堂の門扉を14年かけて制作したことで世界的に知られている)、林範親、深井隆など約30点。
館内のオープンテラスからは、瀬戸内海の多島美や美しい夕日が望める。
営業時間:9:00~17:00 
入館料金:一般300円 学生150円 団体割引(20人以上)2割引
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」より車約30分、大三島の南東に位置。
近くには大三島ウォーキングコースがある。

      
ところミュージアム大三島ホームページ
  福島伝説 別名「ニワトリ島」
地元で「フクシマ」の名で親しまれている堆積岩(たいせきがん)と花崗岩(かこうがん)が相半ばする珍島である。
古書「伊予古躊志」に、仁徳帝への百済(くだら)からの貢物(みつぎもの)、「金鶏(きんし)」がこの島に逃げ込んで、その光を浴びた村人が金持ちになったことから、福島という
瑞祥(ずいしょう)地名が誕生したという。
 
宗方港 大三島ふるさと憩の家 ひょうたん島
  宗方港 
〒794-1309 愛媛県今治市大三島町宗方 
大三島ブルーライン 
今治~宗方(大三島)~木江(天満・一メ目)~宮浦(大三島)
  大三島ふるさと憩の家 TEL0897-83-1111 〒794-1309 愛媛県今治市大三島町宗方5208-1
海辺にある廃校を宿泊施設にリニューアル。
大三島を中心に平成14年1月にロケが行われた映画「船を降りたら彼女の島」のメインの舞台となった。
ロケセットが保存されており見学が可能。
背後には緑の山が、前には美しい白浜の瀬戸内海が広がり、懐かしいふるさとの風景にひたることができる。
営業時間:8:00~21:00
休日:不定休 年末年始12月28日~1月3日 盆8月14日~8月15日
利用料金:1泊2食-6,000円/人から 素泊りー4,000円
交通:西瀬戸自動車道「大三島IC」より車約30分 
宗方港より徒歩約15分
大三島の南西端
 
  ひょうたん島
この島は、ひょっこりひょうたん島のモデルになったともいわれている。
生口島サンセット ビーチからも眺めることが出来る。
 
 
             
  瀬戸内しまのわ2014
瀬戸内に浮かぶ島々が、ひとつの「わ(輪)」のようにつながり、日本のこれから、世界のこれからを豊かに生きていくきっかけをつかむようなイベントにしたい。
瀬戸内に暮らす人々、瀬戸内に育まれた人々、そして瀬戸内を訪れる人々、瀬戸内に「わ(和・縁)」のあるすべての人に瀬戸内の元気やぬくもりを感じていただけるようなイベントにしたい。
このような願いを込めて開催される博覧会「瀬戸内しまのわ2014」が2014年3月21日(金)~10月26日(日)の間広島県と愛媛県の共催で開催。
  瀬戸内しまのわ2014
春ー季節のイベント
チャーター船で行く!レッツ三海道 贅沢サイクリング

日時:2014年 4月27日(日)
会場:しまなみ海道 上島諸島 とびしま海道
夏ー季節のイベント
三島水軍鶴姫まつり
~再現!鶴姫合戦歴史絵巻~
日時:2014年7月20日(日)予定
会場:今治市 大三島(大三島町) 
大山祇神社~参道~宮浦港
夏ー季節のイベント
サマーフェスタinかみうら

~甘崎城跡を目指せ!海上ウォーク&ボート~
日時:2014年8月10日(日)
会場:今治市 大三島(上浦町) 甘崎城跡周辺
秋ー季節のイベント
MAYA MAXXプロデュース

~しまのわ学校 島のアトリエプロジェクトin大三島~
日時:2014年4月中旬~オープン
(9月~10月 子供参加イベントを予定)
会場:今治市 大三島(上浦町) 旧瀬戸崎保育所
 
     
           瀬戸内しまのわ」博覧会ホームページ  

Home 瀬戸内しまなみ海道へ 瀬戸内しまのわ2014