旅 瀬戸内(たびせと)   生口島・瀬戸田の旅(観光) GoogleMap      
  スマートフォンで表示          
  生口島 瀬戸田
瀬戸内しまなみ海道の通る6つの島のうちほぼ中央に位置する島で、隣の高根島との間の生口瀬戸に古くから栄えた港、瀬戸田が広く知られていおり、瀬戸田が島の代名詞にもなっている。
古く平安時代後期には、後白河法皇の塩の荘園として発達し、鎌倉時代には小早川庶家の生口氏が地頭となり、瀬戸内海屈指の回船基地として発展した。
古くから発展した港らしく、瀬戸田港近くには、多くの寺院が建立されており、また、港町、門前町が軒をつらねている。
この、自然豊かで、古寺院の多い瀬戸田に育った、日本画壇の巨匠、平山郁夫氏の偉業を紹介する「平山郁夫美術館」も多くの人々を集めている。
  
 
  広告  
     
  シトラスパーク瀬戸田(詳しくは) 耕三寺(詳しくは) 耕三寺博物館  
  シトラスパーク瀬戸田 TELシトラスパーク瀬戸田0845-26-3030 〒722-2403 広島県尾道市瀬戸田荻4985
柑橘類(シトラス)約500種類を収集・展示したテーマパークで、丘の中腹にあるため瀬戸内の眺めが素晴らしい。
シトラスパビリオン・香りの館・食の館などが無料で楽しめる。
また、園内には12種類、約800本の桜の木も栽培されており、3月下旬から4月中旬にかけていろいろの種類の桜も楽しむことが出来る。
開園時間:9:30〜16:00 
休園日:12月29日〜1月3日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日) 
入園料:無料
交通:しまなみ海道 生口島北IC(本州側からの出口)から車約10分 南IC(愛媛県側からの出口)から車約5分

          シトラスパーク瀬戸田案内図
     
  耕三寺 TEL0845-27-0800
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553−2
耕三寺は、孝養門が日光東照宮の陽明門を再現して造られているため西日光とも呼ばれている。
もと実業家の耕三寺耕三和上が、母の菩提追悼のために5万平方メートルの敷地に、30年かけて建立した浄土真宗本願寺派の寺院。
孝養門の他も本堂は平等院の鳳凰堂を模すなど数々の堂塔は飛鳥から江戸時代にかけての代表的仏教建築の様式や手法を取り入れて復元されている。
中には仏教美術や茶道具などが展示された展示館もある。
春は桜やツツジ、秋は紅葉を求める人々でにぎわう。
現代美術の未来心の丘は必見
耕三寺・耕三寺博物館 
博物館開館時間:9:00〜17:00 
休館日:年中無休 
入館料:一般1,200円・高校生700円・中学生以下無料
交通:西瀬戸自動車道生口島北IC(本州側からの出口)から車約10分、南IC(愛媛県側からの出口)から車約10分
瀬戸田港から徒歩約7分
潮音山遊歩道案内図   生口島・耕三寺周辺案内地図
  耕三寺博物館 TEL0845-27-0800
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553−2
耕三寺家の美術コレクションを公開する為昭和26年に国の登録博物館として開館。
重要文化財、重要美術を含む多数の仏教美術、茶道美術、近代美術を随時公開している。
耕三寺・耕三寺博物館 
博物館開館時間:9:00〜17:00 
休館日:年中無休 
入館料:一般1,200円・高校生700円・中学生以下無料
交通:西瀬戸自動車道生口島北IC(本州側からの出口)から車約10分、南IC(愛媛県側からの出口)から車約10分
瀬戸田港から徒歩約7分
 
 
広告
     
  国宝 向上寺三重塔(詳しくは) 潮音山公園(詳しくは) 瀬戸田港  
  国宝 向上寺三重塔 TEL&FAX0852-7-3377 
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田57
瀬戸田港を見下ろす潮音山に建てられており、和様・唐様折衷で朱塗りの塔が印象的。
室町時代の永享4(1432)年、当時の生口島領主、小早川信元、信昌によって建立。
交通:西瀬戸自動車道生口島北IC(本州側からの出口)から車約15分、生口島南IC(四国側からの出口)から車約10分
瀬戸田港から徒歩約20分
駐車場:あり
  潮音山公園
潮音山に設けられた公園で、瀬戸田を見下すことができる。
中腹には、朱塗りが印象的な向上寺三重塔が立てられている。
瀬戸田出身の日本画家 平山郁夫画伯もこの公園からの眺めが好きでよく絵を描いていたとか。
道中は「案内地蔵」さんが道案内をしてくれる。
山麓には、向上寺のほか万徳寺
法然寺生口神社があり静かで落ち着いた雰囲気をただよわせている。
  瀬戸田港
古くから瀬戸内海屈指の回船基地として発展した瀬戸田港には、江戸時代末期の豪商「三原屋」の土蔵(現在は歴史民俗資料館)、邸宅や明治時代の豪商の別邸であったといわれる「住之江旅館」など古い風格ある建物が軒を連ねている。
現在は、三原・尾道・因島・三原などへの高速船・フェリーなどの港として使われている。

瀬戸田港〜三原港
ー高速船で27分  
瀬戸田港〜尾道港
ー普通船で35分  
赤崎港(瀬戸田)〜金山港(因島)
−旅客フェリーで5分  
沢港(瀬戸田)〜須波港(三原)
−旅客フェリーで20分 
 

しおまち商店街 高根大橋 サンセットビーチ
  しおまち商店街
耕三寺や平山郁夫美術館のある一帯から瀬戸田港までは、生口島名物たこ料理や瀬戸内の活魚料理、乾物などを販売するレトロな商店街が続いている。
また、この商店街に並んで、国宝三重塔のある向上寺をはじめ、法然寺、万福寺、円林寺、生口神社などの旧跡が静かに広がっており散策と史跡探訪には絶好。
ベル・カントホールそばの観光案内所か、しおまち商店街にある汐待亭で「耕三寺・美術館周辺マップ」を入手すればよい。
  高根大橋
高根島と生口島を結ぶ農道橋。
高根島で作られた柑橘類を生口島の選果場に運ぶ目的で作られた。
 
  サンセットビーチ 0845-27-1100
広島県尾道市瀬戸田町垂水1506−15
瀬戸内海の眺めとそこに沈む夕日が素晴らしい。
また、長さが800mあるといわれる砂浜が美しく海水の透明感も高いため、環境省の「日本の水浴場88選」にも選ばれている。
ひょっこりひょうたん島のモデルになったひょうたん島もこの海岸から眺めることが出来る。
海水浴場の他キャンプ場、テニスコート、多目的グランド、研修室、野外ステージ、レストランなどのレクリェーション施設も充実。
シャワー(温水・冷水)、更衣室、コインロッカー完備
レストラン 定休日 火曜日
西瀬戸自動車道 生口島北IC(本州方面からの出口)より車約15分 生口島南IC(四国方面からの出口)より車約10分
駐車場:約400台

 
 
広告
     
平山郁夫美術館 アイスクリーム ドルチェ 瀬戸田パーキングエリア(詳しくは)
  平山郁夫美術館 TEL0845-27-3800 
〒722-2413 広島県尾道市瀬戸田町沢200−2
日本を代表する日本画家、平山郁夫の出生の地、瀬戸田に造られている。
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで) 
休館日 原則無休(但し作品入替時等には休館) 
入館料 一般700円・高大学生400円・小中学生200円(特別展は別途) 団体割引(10名以上の団体)1割引き
一般の料金は企画展の場合は別
  アイスクリーム ドルチェ TEL0845-26-4046
〒722-2416 広島県尾道市瀬戸田町林20−8

シトラスアイランドの味が人気のドルチェの手造り本格ジェラート
2002年アイスクリーム博覧会で販売数一位、
楽天ジェラート部門で9年連続一位獲得とか。
耕三寺の門前にあり多くの人がなめながら一休み。
営業時間:10:00〜日没まで
年中無休
 
  瀬戸田パーキングエリア 
下り TEL0848-26-3300
〒722-2403 広島県尾道市瀬戸田町荻字早瀬山5503−42
ここからの、瀬戸内海の島々、大三島、多々羅大橋方面の眺めはすばらしい。
また、多々羅大橋まで歩いて行くことができる。
上り線には売店、フードコート、自動販売機コーナーが、下り線には自動販売機コーナーが設置されている。
春から夏にかけては、レモンなど、この島で獲れる柑橘類が安く販売される。
 
瀬戸内しまのわ2014
瀬戸内に浮かぶ島々が、ひとつの「わ(輪)」のようにつながり、日本のこれから、世界のこれからを豊かに生きていくきっかけをつかむようなイベントにしたい。
瀬戸内に暮らす人々、瀬戸内に育まれた人々、そして瀬戸内を訪れる人々、瀬戸内に「わ(和・縁)」のあるすべての人に瀬戸内の元気やぬくもりを感じていただけるようなイベントにしたい。
このような願いを込めて開催される博覧会「瀬戸内しまのわ2014」が2014年3月21日(金)〜10月26日(日)の間広島県と愛媛県の共催で開催。
瀬戸内しまのわ2014
春ー季節のイベント
散歩散走in尾道〜サイクリング&ウォーキングパラダイス おもいおもいの島めぐり〜
日時:2014年4月19日(土)〜8月31日(日)
会場:尾道市 サイクリング&ウォーキング
尾道市沿岸部及び島しょ部
春ー季節のイベント
チャーター船で行く!レッツ三海道 贅沢サイクリング

日時:2014年 4月27日(日)
会場:しまなみ海道 上島諸島 とびしま海道
秋ー季節のイベント
現代アートとお茶の祭典in尾道
〜芸術文化の共創〜
日時:2014年9月13日(土)〜10月26日(日)
会場:尾道市 沿岸部および島しょ部
  生口島と多々羅大橋(大三島より)    瀬戸内しまのわ」博覧会ホームページ  
  広告      
     
   
             

Home 瀬戸内しまなみ海道へ 瀬戸内しまのわ2014