旅 瀬戸内(たびせと)

しまなみ海道 生口島 瀬戸田港 GoogleMap

瀬戸田港
古くから瀬戸内海屈指の回船基地として発展した瀬戸田港には、江戸時代末期の豪商「三原屋」の土蔵(現在は歴史民俗資料館)、邸宅や明治時代の豪商の別邸であったといわれる「住之江旅館」など古い風格ある建物が軒を連ねている。

現在は、三原・尾道・因島・三原などへの高速船・フェリーなどの港として使われている。
瀬戸田港〜三原港ー高速船で27分  瀬戸田港〜尾道港ー普通船で35分  赤崎港(瀬戸田)〜金山港(因島)−旅客フェリーで5分  沢港(瀬戸田)〜須波港(三原)−旅客フェリーで20分

生口島へ戻る Home