旅 瀬戸内(たびせと)

専称寺 GoogleMap
     
     井戸  
     
    専称寺 本堂    薬師堂  
  本島霊場第五番札所 源光山 専称寺(せんしょうじ)ー浄土宗ー
建永2年(1207)3月26日浄土宗の開祖法然上人(ほうねんしょうにん)が、都からこの地に配流になったとき、塩飽の地頭駿河権守高階保遠(するがごんのかみたかしなのやすとお)が上人を温かく迎え、館の前に庵を建てて念仏弘通の道場としたのがこの寺のはじめといわれる。
法然上人は、ここにしばらく滞在の後、讃岐の小松荘へ移ったが、当寺には、法然上人が形見に残したという金銅仏、本鐘、名号石を寺宝として保存している。
        丸亀市教育委員会・本島霊場会
(現地案内板)
 

Home 香川県の旅へ 瀬戸内国際芸術祭へ 本島へ