旅 瀬戸内(たびせと)

清涼寺(せいりょうじ) GoogleMap
 
仁王門
本堂 阿弥陀堂
清涼寺(せいりょうじ)ー嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう) 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 TEL075-861-0343
拝観時間:9:00〜16:00 拝観料:本堂の拝観料400円 釈迦如来立像の拝観料1,000円 霊宝館入館料400円 境内は自由 JR嵯峨嵐山駅より徒歩約15分

五台山と号する浄土宗の古刹(こさつ)で「嵯峨釈迦堂」の名で知られている。
この地には、一説では「源氏物語」の主人公の光源氏のモデルであったといわれる源融(みなもとのとおる)の山荘、棲霞観(せいかかん)があり棲霞寺としたのが当寺の始まりである。
天慶(てんぎょう)8年(945)に等身大の釈迦像が安置され、これが通称の由来ともいわれている。
その後、インド、中国、日本の三国伝来となる釈迦如来立像を持って宋(中国)から帰国した「然上人(ちょうねんしょうにん)が、その像を安置するため、愛宕山(あたごやま)を中国の五台山に見立てた「大清涼寺」の建立を計画したが、志半ばで没したため、弟子の盛算が清涼寺を建立して像を安置した。
昭和28年(1953)背中に蓋(ふた)が発見され、中に内臓を模した絹製の五臓六腑(ろっぷ)などが納められていたことから、生身のお釈迦様とも呼ばれている。
本堂は、元禄14年(1701)に徳川五代将軍綱吉、その母桂昌院(けいしょういん)らの発起により再建されたもので、本尊の釈迦如来立像(国宝)を安置しており、霊宝館には、阿弥陀三尊像(国宝)文殊菩薩騎獅像(重要文化財)等、多数の文化財も祀(まつ)られている。
このほか、境内には、「然上人、源融、嵯峨天皇、檀林皇后の墓などがある。
                          京都市
(現地案内板)
                                                                 清涼寺案内図
庫裡 薬師寺 秀頼(ひでより)首塚
  棲霞観(せいかかん)跡(清涼寺) 源氏物語 ゆかりの地
嵯峨天皇皇子で皇族賜姓の源融(みなもとのとおる)(822〜895)が、9世紀後半に嵯峨に営んだ山荘。
融は晩年に写経や造仏に着手したが業なかばで他界したので、子供たちが完成させて棲(栖)霞寺とした。水延元年(987)、「然(ちょうねん)は宋より請来した釈迦如来像ほかを棲霞寺境内に安置し、宗の五台山清涼寺に倣(なら)った寺院の建立を目指したが果たせず、遺志を継いだ弟子たちによって棲霞寺の一郭に釈迦堂として発足したのが清涼寺である。
かって棲霞寺にあった阿弥陀三尊像(国宝)は、現在、清涼寺の霊宝館に安置されている。
「源氏物語」「松風」に光源氏が造営した「嵯峨の御堂」は大覚寺の南に所在したとあり、棲霞観の場所と一致する。
河原院が六条院のモデルということと共に、源融が光源氏のモデルとされるゆえんである。
                                            平成20年3月 京都市
(現地案内板より) 
法然上人行状絵図(国宝 知恩院蔵)巻四
保元元年 上人 二十四のとし 叡空上人にいとまをこひて嵯峨の清涼寺に七日参籠のことありき 求法の 一事を 祈請のためなりけり
この寺の本尊 釈迦善逝は 西天の雲をいで 東夏の霞をわけて三国に 伝はりたまへる 霊像なれば とりわき 懇志を運びたまひけるも ことわりにぞ おぼえ侍る。
求道青年像(帰りの電車の時間の関係で写真は撮りそこないました。)
   法然房源空二十四歳求道請願像

●開眼 昭和43年10月8日 ●ブロンズ 青銅 ●像高 220センチ ●重量 83貫 ●石組台座 220センチ
法然房源空24歳保元元年(この年7月保元の乱起る。西暦1156)清涼寺釈迦等前求道請願の故事をかたとり、瞑黙祈念十指を組む請願印、八正道を示す八ツ房の数珠、七角型の台座に七個の法輪を配して七日参籠求道求道請願の一事を録し、台座横面にほのかな蓮弁相を浮かせる。
石組台座正面に「求道請願」の四字、裏面に開眼年月日を刻む、石組台座内に建立発願文をはじめ結縁者の求道請願紙、写経、写経石等多数を封入。
求道青年像建立の位置は釈迦堂内須弥壇上の釈迦如来尊像(国宝、釈尊、37歳説法像)と真正面に相対面する地点が選びとられている。
●願わくば 求道青年像ここに建ちて 天下に溌剌の気が満ち溢れんことを
●願わくば 真摯の青年らここに集いて 求道の光を高くかかげんことを
●願わくば 求道の青年ら世界に充ちて 人類平和の礎を築きいかんことを
                                           (求道青年像建立発願文より)
(現地案内板)
平家物語と法然上人:法然上人は平家物語の時代と同時代を生きられており、その浄土思想は平家一族にも大きな影響を及ぼしている。
清涼寺(Wikipedia)

Home 平家物語(源平)ゆかりの地を歩く旅へ 平家物語と京都へ 嵐山・嵯峨野へ