旅 瀬戸内(たびせと)

佐藤継信の碑ー源平屋島合戦古戦場跡 GoogleMap
     
     屋島方面  
     
   佐藤継信の碑   佐藤継信の碑   
佐藤継信の碑
継信 は、寿永4年(1185)2月の源平屋島合戦のとき、平家の武将能登守教経(のとのかみのりつね)の強弓により、大将義経の一命危ういとみて、義経の矢面に立ち、身代わりとなって討死しました。
この継信の死を広く世人に知らしめるために寛永20年(1643)初代高松藩主松平頼重公が、合戦当時に義経が丁重に葬ったあとを受けて、屋島寺へ続くこの遍路道の傍に建立したものです。
また、墓は牟礼町王墓に残っています。
         高松市 高松観光協会
(現地案内板より)
         
   佐藤継信の碑前の地蔵   船かくし方面(佐藤継信の碑付近より)       

Home 香川県瀬戸内沿岸地域・諸島の旅 源平屋島合戦古戦場跡へ